全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

2世誕生 心待ちに アーモンドアイ 来年1月出産予定

安平町から28日、特別栄誉賞が贈られたノーザンファーム(早来源武)の名馬アーモンドアイは、来年1月に出産を予定している。2014年のジャパンカップを制したエピファネイアとの子で、同ファームの吉田勝己代表は「どんな馬を産んでくれるか楽しみ」と期待を膨らませる。

関係者の前に姿を現したアーモンドアイ=ノーザンファーム

 町が競走馬に賞を贈ったのは、07年のディープインパクト、15年のジェンティルドンナに次いで3頭目。アーモンドアイは17年にデビューし、2戦目で初勝利。海外も含む15戦で11勝を挙げ、中央競馬史上初めて三冠馬3頭が激突し、「世紀の一戦」とも言われた昨年11月下旬のジャパンカップを制した。

 「最強牝馬」の名を引っ提げて昨年12月末、故郷の安平町に戻り、ノーザンファームで繁殖馬として過ごしている。吉田代表は「牝でG1を九つ勝つことはなかなかない。こんな強い馬がどうやってできたのか、不思議に思うくらい」と振り返り、「普段はおとなしいが、勝ったレースもタイムも飛び抜けてすごい馬だった」と絶賛する。

 牧場スタッフによると、アーモンドアイは現役時代より体重が約80キロ増えて570キロほどになり、繁殖馬として穏やかな生活を送っている。特別栄誉賞を贈った及川秀一郎町長は「今後も町を挙げて応援していきたい」と2世の誕生を心待ちにしている。

関連記事

紀伊民報社

懐かしの味をドライブインで 古久保さん腕振るう

 和歌山県田辺市龍神村広井原に9月にオープンしたドライブイン「龍の故郷(ふるさと)」で、厨房(ちゅうぼう)のスタッフとして働いている古久保清子さん(81)=龍神村西=は、昨年まで龍神村で長年愛さ...

荘内日報社

科学の甲子園県大会優勝 酒東高チーム2年連続 全国舞台へ決意

 科学好きな高校生が集い、知識・技術を競い合う科学技術振興機構(JST)主催の「第12回科学の甲子園」県大会で、県立酒田東高校(大山慎一校長、生徒487人)の理数探究科2年生8人の出場チームが優勝し30日、...

Sea級グルメ全国大会 苫小牧「ホッキしゅうまい」初制覇

苫小牧港の活性化に取り組む団体、みなとオアシス苫小牧運営協議会(会長・関根久修苫小牧港開発社長)が開発した「ホッキしゅうまい」が第13回みなとオアシスSea級グルメ全国大会で初優勝を果たした。水揚...

宇部日報社

きょうから師走、宇部健康保険センターの年末一斉監視指導始まる【宇部】

   きょうから師走。年末に向け、人も物の動きも活発になる。宇部健康福祉センター(前田和成所長)は1日、多種類の食品が短期間に大量流通する年末の食の安全確保を目的に、管内となる宇部、山陽小野田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク