全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ウニの死骸 大量漂着 赤潮? 不安の声 広尾沿岸

広尾の沿岸に漂着したウニの死骸。死んで白くなっているものが多い

 広尾町の沿岸で大量のエゾバフンウニの死骸が漂着していることが、広尾漁協により確認された。道東沿岸で発生している赤潮との因果関係は不明だが、来年のウニ漁への影響を心配する声が出ている。

 町内の国道336号(黄金道路)沿いの海岸では22日ごろから、死んで白くなったウニが打ち上げられる現象が確認されている。具体的な数は不明だが、波打ち際の広範囲に大量の白い死骸が帯状に並び、関係者は「過去には見られない光景」と言う。

 広尾漁協では音調津漁港の種苗生産施設で稚ウニを育て、放流する事業を展開。漁は1~5月ごろに行われ、昨年は約12トンを水揚げした。放流した稚ウニが漁獲サイズの5センチ以上に成長するには4年ほどかかり、死骸が増えれば、漁獲量の減少につながりかねない。

 現在は道による水質調査などが進められている。同漁協の角井雄二専務理事は「異常事態といえる状況。原因を早急に解明してもらい、何らかの対策につなげてほしい」と話している。

 同漁協によると、十勝港内で今年度から実施している養殖試験事業のウニには影響はなく、秋サケの被害も確認されていない。

関連記事

紀伊民報社

懐かしの味をドライブインで 古久保さん腕振るう

 和歌山県田辺市龍神村広井原に9月にオープンしたドライブイン「龍の故郷(ふるさと)」で、厨房(ちゅうぼう)のスタッフとして働いている古久保清子さん(81)=龍神村西=は、昨年まで龍神村で長年愛さ...

荘内日報社

科学の甲子園県大会優勝 酒東高チーム2年連続 全国舞台へ決意

 科学好きな高校生が集い、知識・技術を競い合う科学技術振興機構(JST)主催の「第12回科学の甲子園」県大会で、県立酒田東高校(大山慎一校長、生徒487人)の理数探究科2年生8人の出場チームが優勝し30日、...

Sea級グルメ全国大会 苫小牧「ホッキしゅうまい」初制覇

苫小牧港の活性化に取り組む団体、みなとオアシス苫小牧運営協議会(会長・関根久修苫小牧港開発社長)が開発した「ホッキしゅうまい」が第13回みなとオアシスSea級グルメ全国大会で初優勝を果たした。水揚...

宇部日報社

きょうから師走、宇部健康保険センターの年末一斉監視指導始まる【宇部】

   きょうから師走。年末に向け、人も物の動きも活発になる。宇部健康福祉センター(前田和成所長)は1日、多種類の食品が短期間に大量流通する年末の食の安全確保を目的に、管内となる宇部、山陽小野田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク