全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ウニの死骸 大量漂着 赤潮? 不安の声 広尾沿岸

広尾の沿岸に漂着したウニの死骸。死んで白くなっているものが多い

 広尾町の沿岸で大量のエゾバフンウニの死骸が漂着していることが、広尾漁協により確認された。道東沿岸で発生している赤潮との因果関係は不明だが、来年のウニ漁への影響を心配する声が出ている。

 町内の国道336号(黄金道路)沿いの海岸では22日ごろから、死んで白くなったウニが打ち上げられる現象が確認されている。具体的な数は不明だが、波打ち際の広範囲に大量の白い死骸が帯状に並び、関係者は「過去には見られない光景」と言う。

 広尾漁協では音調津漁港の種苗生産施設で稚ウニを育て、放流する事業を展開。漁は1~5月ごろに行われ、昨年は約12トンを水揚げした。放流した稚ウニが漁獲サイズの5センチ以上に成長するには4年ほどかかり、死骸が増えれば、漁獲量の減少につながりかねない。

 現在は道による水質調査などが進められている。同漁協の角井雄二専務理事は「異常事態といえる状況。原因を早急に解明してもらい、何らかの対策につなげてほしい」と話している。

 同漁協によると、十勝港内で今年度から実施している養殖試験事業のウニには影響はなく、秋サケの被害も確認されていない。

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク