全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

屋内遊戯施設、愛称「わんぱーく」に【根室】

 

今冬の完成目指して建設が進むふるさとあそびの広場(28日)。愛称が「わんぱーく」に決まった

今冬オープン予定の屋内遊戯施設の愛称が決まった。愛称公募には31点の応募があり、中から北斗小学校3年の高井壮琉(そる)君(8)の「子供たちが『わんぱく』に遊べる『公園』(PARK・パーク)」を組み合わせた「わんぱーく」が採用された。施設の看板などに活用される。

 今月16日に開かれた選考委員会で選ばれたもので、採用された高井君は市都市整備課の職員に「うれしいです。(イメージ図の)ネット遊具が不思議で、遊んだことがないので早く遊びたい。楽しみです」と話していたそうで、12月のオープニングセレモニーに出席する予定だ。

 西浜町の総合運動公園内に建設中の子供向け屋内遊戯施設は、長年にわたって子育て世代から要望のあった施設で、今年12月「子供たちへのクリスマスプレゼントに」と建設が進められている。正式名称は「ふるさとあそびの広場」だが、親しみやすい愛称を8月に公募していた。

 施設は木造2階建て吹き抜け構造の延べ床面積約915平方㍍。遊戯スペース約230平方㍍には「ネット遊具」「チューブスライダー」「クライミングウォール」、隠れ家的に遊ぶことができる「デン」など大型遊具4種と小型遊具が設置される。事業費は約5億円。ふるさと納税を積み立てている「ふるさと応援基金」を充てる。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク