全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

屋内遊戯施設、愛称「わんぱーく」に【根室】

 

今冬の完成目指して建設が進むふるさとあそびの広場(28日)。愛称が「わんぱーく」に決まった

今冬オープン予定の屋内遊戯施設の愛称が決まった。愛称公募には31点の応募があり、中から北斗小学校3年の高井壮琉(そる)君(8)の「子供たちが『わんぱく』に遊べる『公園』(PARK・パーク)」を組み合わせた「わんぱーく」が採用された。施設の看板などに活用される。

 今月16日に開かれた選考委員会で選ばれたもので、採用された高井君は市都市整備課の職員に「うれしいです。(イメージ図の)ネット遊具が不思議で、遊んだことがないので早く遊びたい。楽しみです」と話していたそうで、12月のオープニングセレモニーに出席する予定だ。

 西浜町の総合運動公園内に建設中の子供向け屋内遊戯施設は、長年にわたって子育て世代から要望のあった施設で、今年12月「子供たちへのクリスマスプレゼントに」と建設が進められている。正式名称は「ふるさとあそびの広場」だが、親しみやすい愛称を8月に公募していた。

 施設は木造2階建て吹き抜け構造の延べ床面積約915平方㍍。遊戯スペース約230平方㍍には「ネット遊具」「チューブスライダー」「クライミングウォール」、隠れ家的に遊ぶことができる「デン」など大型遊具4種と小型遊具が設置される。事業費は約5億円。ふるさと納税を積み立てている「ふるさと応援基金」を充てる。

関連記事

荘内日報社

ベニバナのドライフラワー贈り交流 宮城県村田二中 修学旅行で酒田・山居倉庫..

 宮城県村田町の村田第二中学校(松﨑恵子校長)の3年生22人が27日、酒田市の国指定史跡・山居倉庫を訪問、生徒自ら栽培した町特産「ベニバナ」のドライフラワーを山居倉庫夢の倶楽を運営する酒田観光物産協会(...

紀伊民報社

熊野古道「潮見峠越」で道普請 有機栽培の農家グループ

 有機栽培に取り組む和歌山県田辺市の農家グループ「田辺印の会」(前田謙会長)が27日、市内にある世界遺産・熊野古道の「潮見峠越」で道普請をした。  会は2008年創立。農家14戸が計16ヘクター...

「伝泊」がグッドデザイン金賞 「島の自然と対話」がコンセプト 地域資源の..

 奄美イノベーション(山下保博代表)が運営する鹿児島県奄美市笠利町の高級リゾート宿泊施設「伝泊 The Beachfront MIJORA」がこのほど、2021年度グッドデザイン金賞(日本デザイ...

サウナから然別湖へダイブ 特殊テント導入 鹿追ホテル風水

 然別湖畔温泉ホテル風水(鹿追町然別湖畔)は、湖畔でアウトドアサウナを実施している。特殊テントでフィンランド式のサウナを楽しめ、水風呂代わりにテントから直接然別湖に入ることもできる。同ホテルの営業...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク