全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ICT活用の授業広がる 教員支える「助っ人」奔走

大塔中の生徒にタブレット端末の操作をアドバイスするICT支援員の柳原修さん(右)=和歌山県田辺市鮎川で

 小中学生に1人1台のタブレット端末が配備され、学校でICT(情報通信技術)を活用した授業の導入が進む中、和歌山県田辺市では専門的な技術を持つ「ICT支援員」が教員の「助っ人」として奔走している。

 「う~ん」。大塔中学校3年生の総合学習の授業中、男子生徒がタブレットのキーボードから手を離し、頭を抱えた。来月、修学旅行で訪れる出雲大社(島根県)や鳥取砂丘(鳥取県)などの名所を調べ、紹介するスライドをグループで共同編集していたが、レイアウトがまとまらなかったからだ。
 すると、ICT支援員の柳原修さん(63)がすっと近づき、「ここを押してみて」と画面の一角を指さす。生徒が指示通りに操作すると、AI(人工知能)で最適なレイアウト例が表示された。「こんな機能があったんだ」。生徒は目を輝かせて、画面をのぞきこんだ。
 田辺市は本年度、ICT支援員を3人導入した。いずれも元教員で、ICT機器に精通しているだけでなく、学校教育にも理解が深いという。
 支援員は全39小中学校を回り、教員が授業に専念できるようサポートしたり、教員にICTを活用した授業づくりの提案をしたりしている。そうした支援もあり、授業での活用が広がっている。
 大塔中ではオンライン上で編集できる機能を使って、図や絵の入った行事の案内チラシを共同で作ったり、タブレットで分かりやすい学習ノートを作って共有したり。教科を問わず活用している。
 3年の宮野優波君は「数学でもタブレットを活用している。黒板と違って数式が消えないので、分からなかった部分を確認しやすい」、同じく3年の荒瀬心音さんも「ネットは家でも使うからなじみがある。みんなでの共同作業をもっとやってみたい」と新しい授業を歓迎している。
 柳原さんは「ICTの活用は目的ではない。大事なのはどのような授業がしたいかで、そのためにタブレットをどう生かすか。熱心な先生が多く、2学期に入って活用のレベルが上がっている。子どもたちも興味を持って取り組んでおり、これからの授業に無限の可能性を感じている」と話している。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク