全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ユリ根で揚げかまぼこ 大坂農場が道の駅・忠類で販売

 ユリ根農家の大坂農場(幕別町忠類新生176、大坂崇士代表)がユリ根を使った揚げかまぼこ「ナウマンボール」の販売を道の駅・忠類で始めた。同農場として加工品作りに挑戦するのは初の試み。毎年一定数出る規格外品の有効活用としても期待されている。

ユリ根を使った揚げかまぼこ「ナウマンボール」をPRする大坂夫妻

 同農場では、約1ヘクタールでユリ根を栽培。主に大坂代表(40)と妻の亜里美(あさみ)さん(40)の2人で切り盛りしている。ユリ根は種作りから収穫まで6年を要する、とても手間暇のかかる作物としても知られている。

 同農場では今年、干ばつなど天候不順の影響で、規格外品が例年よりも大幅に多い約7割に及んだ。規格外品の売り先でもあった飲食店からの注文がコロナ禍で落ち込んだこともあり、品余りの危機に直面している。

 大坂夫妻は、加工品作りのアイデアを以前から考えていたところ、知り合いの紹介で札幌のかまぼこ製造会社「しのざき商事」を紹介された。そこで道産のスケトウダラに刻んだユリ根を生地に交ぜた揚げかまぼこを提案され、同社に製造を依頼した。

 商品化に当たっては、ユリ根のシャキシャキとした食感を残し、つまみやおやつ感覚でも楽しめる家庭で親しまれる味を目指した。商品名は忠類で発掘されたナウマンゾウにちなみ「まずは地元で愛される商品に」(大坂夫妻)との思いを込めている。

 札幌市内の飲食店約10店のほか、道の駅・忠類で18日から販売している。道の駅では冷凍の6個入り(670円)と揚げたて3個(480円)を提供。他にも扱う飲食店や販売店を募っている。

 2人は「ユリ根と言えば家庭で食べづらい商品というイメージを持つ人も多い。少しでも手軽に楽しんでもらい、ユリ根の魅力に気付く方が増えれば」と話している。

 商品に関する問い合わせは同農場(080・5583・1113)へ。

関連記事

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

帯広南商業高校は全国特別賞 「来年は優勝を」 うまいもん甲子園

 高校生による地元食材を使った料理コンテスト「第10回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝大会が27日、都内で開かれた。帯広南商業高校クッキング部は優勝と準優勝(3チーム)は逃したが、特別賞を受...

荘内日報社

鶴岡の農家 シェフがコラボ クラフトコーラYATACOLA 食の鶴岡の“新色”..

 鶴岡市の農家とシェフらで共同開発したクラフトコーラ「YATA COLA」の一般販売が始まった。開発者は「有名なクラフトコーラに負けない味を作った。今後、食の鶴岡の新しい“色”として楽しんでもらえた...

「清舞」で濃厚ブドウジュース 新得・共働学舎が新発売

 共働学舎新得農場(町新得9、宮嶋望代表)は25日、十勝ワインの原料にもなっている品種「清舞」のブドウのジュースを発売した。ブドウは同農場が無農薬・無肥料で栽培、圧搾せず自然にしたたる果汁を瓶詰め...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク