全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

地元食材にこだわった総菜入りのパン「宇部ちくわサラダパン」販売へ

新商品の宇部ちくわサラダパン(提供)

 宇部市今村北4丁目の松月堂製パン(井上守社長)は、地元食材にこだわった総菜入りのパン「宇部ちくわサラダパン」を10月1日から県内外のスーパーや小売店で販売する。市制施行100周年を記念し、地元の企業の宇部蒲鉾(谷川惠信社長)、漬物を製造・販売している大黒屋(田村亮介代表)とコラボして開発した。

 長さ12㌢ほどのパンの中に、県南西部の伝統的な漬物「寒漬」を詰めたちくわを入れた。パン生地には県産小麦「せときらら」を使い、マヨネーズを塗って焼き上げた。

 フワッから始まり、プリッ、コリコリッとした三つの食感が楽しめるのが特徴。寒漬の甘じょっぱさとマヨネーズの酸味の絶妙なハーモニーは酒のつまみにも最適という。

 100周年の節目の年に新商品を考えていたところ、取引先の山口銀行から宇部蒲鉾を紹介してもらい、今年の4月から話を進めてきた。ちくわの中に入れる相性のいい食材を何度も試行錯誤した結果、寒漬に行き着いた。

 価格は1個140円(税込み)。県内の他、広島、福岡、島根の各県で販売する。

 社長室マーケティングディレクターの井上聖子さんは「今までにない味のパンが完成した。一人でも多くの人に知ってもらい、定番商品になれば」と話した。

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク