全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「高遠とうがらし」新料理 保存会がレシピに 長野県伊那市高遠町

伊那市高遠町産の「芝平なんばん」を使った料理を紹介する関係者

長野県伊那市高遠町で栽培され、県の「信州の伝統野菜」に選定された在来品種のトウガラシの生産者らでつくる「高遠在来とうがらし保存会」は、在来品種の一つ「芝平なんばん」を使った料理を考案し、27日、発表した。今後、会員制交流サイト(SNS)などを通じてレシピを公開するとともに、商品化も検討。地域の食文化の継承・発展につなげていきたい考えだ。

保存会は、在来品種の「高遠てんとうなんばん」と「芝平なんばん」が昨年、信州の伝統野菜に選定されたことを受け、今年3月に発足。現在、生産者や利用者ら21人が参加し、品種保存、栽培の継続、活用に取り組んでいる。「高遠とうがらし」というロゴマークも新たに作り、積極的に発信していく計画だ。   今回は旬を迎えた「芝平なんばん」に着目。細長く肉厚で、強い辛みと爽やかな風味が特徴という。生産者の1人、赤羽寿美子さん(62)=高遠町上山田=は「とうがらし味噌(みそ)」を作った。種を取ってフードプロセッサーでみじん切りにし、酒、麹、砂糖を加えて煮詰め、みそであえて仕上げた。焼きナスにしたり、キュウリに付けたりして食べるとおいしいという。

また、地域の食文化に詳しい市観光課職員監修による「辛みそ」は、種も一緒に刻み込んでピリ辛に。「ご飯のお供や酒のつまみにぴったり」という。辛味大根や焼きみそを使った「辛つゆ」で味わう「高遠そば」への応用も。「信州そば発祥の地 伊那そば振興会」の飯島進会長は、「芝平なんばん」を刻み込んだ焼きみそを添える新たなメニューを提案した。

保存会営業担当の杉山祐樹さん(50)は「芝平なんばんは緑色の状態で食べるとおいしい。脇役だけでなく、主役になれる。一般の家庭でも食べてもらえるよう、いろいろなメニューを提案していきたい」と意気込みを話していた。高遠町のスーパーや農産物直売所で販売している。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

選手700人鉄人レース トライアスロン大会 長野県諏訪6市町村

 長野県諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔...

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク