全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

伊野田海岸で清掃活動 漂着ごみなど46袋分回収 石垣ロータリークラブ

地球環境保全プロジェクトの一環でビーチクリーンを行う石垣ロータリークラブの会員とその家族ら=26日午前、伊野田海岸

 地球環境保全プロジェクトの一環で石垣ロータリークラブ(黒島剛会長)の会員と家族ら40人余りが26日午前、伊野田海岸でビーチクリーンを行った。海岸沿い約1㌔に漂着したペットボトルや発泡スチロールなど計46袋分のごみを約1時間で拾い集めた。名誉会員の中山義隆市長も参加した。

 同プロジェクトは世界中のロータリー会員が一つになり、市民と共に海岸や河川、湖沼などの清掃活動を行うもの。今月12日と26日の「ロータリー奉仕デー」に合わせ、世界中で一斉に活動を行った。

 会員の大田次男さん(62)と宮城早人さん(56)は「以前と比べて海外から漂着したペットボトルが非常に多くて驚いた。今どんな状況なのかを自分の目で見て確かめるのは大切なこと。自分たちもごみを出さないように、できることをしていきたい」と話した。

 市は漂着ペットボトルの継続的な買い取り契約を締結しており、中山市長は「今回拾ったものも、市で回収後に再利用していければと思う。継続的に活動していただけるとうれしい」と期待した。

 黒島会長は「台風の影響で前に来たときよりたくさんのごみがあった。今後も世界のロータリーと連携し、地球環境を改善していければ」と話した。

 集めたごみは重さを計量して上部組織へ報告、世界中で拾ったごみの量を集計する予定。

関連記事

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

宇部日報社

新庁舎初の期日前投票所に整理券の発券機設置【宇部】

 参院選の期日前投票が、宇部市役所で始まっている。新庁舎初の期日前投票所は、正面入り口から入ってすぐの総合受付の奥にあり、コロナ禍の中、投票者が長蛇の列になっての密を避けるため、初めて整理券の発...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク