全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

写真投稿で赤土対策 八重山JCがSDGs事業

「やえやま大作戦」をPRする八重山青年会議所のメンバーとインフルエンサーら=25日午後、同会議所

 八重山青年会議所(国仲恵亮理事長)は創立60周年事業としてSDGs普及事業「やえやま大作戦~ひとつの投稿が一粒の種に~」を26日、開始する。SDGsの周知と理解促進を目的に未来に残したい八重山の写真を募集、モザイクアートとして石垣市新庁舎に展示する。応募数に応じてひまわり畑も作るため、写真投稿で持続可能な社会実現に貢献できるとしている。

 石垣市とのSDGs推進連携協定に基づく活動で「海の保全」をテーマに展開する。投稿は、SNSのインスタグラムに写真添付と「#やえやま大作戦」のタグ付けすること。メール投稿はQRコードから応募できる。

 期間は10月26日までの1カ月間。目標投稿数はSDGsの国際指標2030年に合わせ2030枚、1人複数枚の投稿も可能。

 投稿された写真は縦2㍍横4㍍のモザイクアートの素材に使用する。12月には新庁舎に設置する。1投稿当たり10円として同会議所が総額分のひまわりの種を購入し、赤土流出防止対策として約4000平方㍍分のひまわり畑を作る。場所は市赤土等流出防止営農対策地域協議会と調整する。

 事業の周知を図るため、SNSで影響力のある市内在住のインフルエンサー古見みのりさん(32)、金城佳祐さん(24)、小松仁実(30)も協力する。モザイクアートは東京在住のイラストレーター大久保美穂さん(30)が手掛ける。

 国仲理事長は「子ども、成人、お年寄りまで全ての方を対象にSDGsに関わってほしい。八重山の持続可能な美しい姿を残したい」とPR。インスタグラマーの古見さんは「SNSを通して事業を認識してもらいたい。ひまわりを植えた後も写真で伝えられたら」と述べた。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク