全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

写真投稿で赤土対策 八重山JCがSDGs事業

「やえやま大作戦」をPRする八重山青年会議所のメンバーとインフルエンサーら=25日午後、同会議所

 八重山青年会議所(国仲恵亮理事長)は創立60周年事業としてSDGs普及事業「やえやま大作戦~ひとつの投稿が一粒の種に~」を26日、開始する。SDGsの周知と理解促進を目的に未来に残したい八重山の写真を募集、モザイクアートとして石垣市新庁舎に展示する。応募数に応じてひまわり畑も作るため、写真投稿で持続可能な社会実現に貢献できるとしている。

 石垣市とのSDGs推進連携協定に基づく活動で「海の保全」をテーマに展開する。投稿は、SNSのインスタグラムに写真添付と「#やえやま大作戦」のタグ付けすること。メール投稿はQRコードから応募できる。

 期間は10月26日までの1カ月間。目標投稿数はSDGsの国際指標2030年に合わせ2030枚、1人複数枚の投稿も可能。

 投稿された写真は縦2㍍横4㍍のモザイクアートの素材に使用する。12月には新庁舎に設置する。1投稿当たり10円として同会議所が総額分のひまわりの種を購入し、赤土流出防止対策として約4000平方㍍分のひまわり畑を作る。場所は市赤土等流出防止営農対策地域協議会と調整する。

 事業の周知を図るため、SNSで影響力のある市内在住のインフルエンサー古見みのりさん(32)、金城佳祐さん(24)、小松仁実(30)も協力する。モザイクアートは東京在住のイラストレーター大久保美穂さん(30)が手掛ける。

 国仲理事長は「子ども、成人、お年寄りまで全ての方を対象にSDGsに関わってほしい。八重山の持続可能な美しい姿を残したい」とPR。インスタグラマーの古見さんは「SNSを通して事業を認識してもらいたい。ひまわりを植えた後も写真で伝えられたら」と述べた。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク