全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

地域紙「日刊とまこまい」見つかる 当時の暮らしぶり伝える貴重な史料

太平洋戦争終結から2年後の1947年9月~48年9月の1年間、週2回発行されていた地域紙「日刊とまこまい」がこのほど、苫小牧市拓勇東町6の野土谷末松さん(93)宅で見つかった。紙面は苫小牧市制施行後間もない48年5月30日付で、紙齢は第125号。市美術博物館の学芸員は「現物は非常に珍しく、貴重」と語る。

野土谷さん宅から見つかった「日刊とまこまい」の現物紙面

 日刊とまこまいはB4判表裏2ページ。紙焼けや折れ、破れた部分があるが、欠けた箇所はなく保存状態は良好だ。47年6月から8月まで発行されていた「北海民報」が前身で、毎週木曜と日曜に出されていた朝刊紙。休刊後も「道南新聞」と題号を変え、49年10月まで続いた。

 市美術博物館で歴史を担当する学芸員の佐藤麻莉さん(32)は「保存状態の非常に良い現物が出てきたということ自体が大発見」と話す。

 紙面は1面で第2回市議会の開催や第1回児童福祉週間の実施、支笏湖のヒメマス解禁などを報じている。広告欄では、当時の厚真村や地元の自動車運輸業者らが市制施行を祝福。苫小牧味噌醤油株式会社の工員募集広告や大町にあった映画館・旭館が洋画「ガス灯」を近く上映する旨の告知も掲載されている。

 「当時の人たちの関心が高そうな話題を伝えており、暮らしぶりを知る上でも貴重。第一級の史料」と佐藤さん。持ち主の野土谷さんによると、自宅2階の自室に長らく保管されており、私物を整理した際に出てきたいう。「貴重な資料ということであれば美術博物館に寄贈し、大事に扱ってもらいたい」と述べた。

 日刊とまこまいは歴史的な価値を持つ資料の一つとして、国立国会図書館(東京)がマイクロフィルムをデジタル化して保存している。マイクロフィルムは45年9月から49年10月にかけ、連合国軍総司令部(GHQ)のマッカーサー指揮下で戦史の編さん作業に当たったゴードン・W・プランゲが78年ごろまで作製した。新聞や雑誌、書籍、小冊子などの出版物は当時、厳しい検閲下に置かれていた。

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク