全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

地域紙「日刊とまこまい」見つかる 当時の暮らしぶり伝える貴重な史料

太平洋戦争終結から2年後の1947年9月~48年9月の1年間、週2回発行されていた地域紙「日刊とまこまい」がこのほど、苫小牧市拓勇東町6の野土谷末松さん(93)宅で見つかった。紙面は苫小牧市制施行後間もない48年5月30日付で、紙齢は第125号。市美術博物館の学芸員は「現物は非常に珍しく、貴重」と語る。

野土谷さん宅から見つかった「日刊とまこまい」の現物紙面

 日刊とまこまいはB4判表裏2ページ。紙焼けや折れ、破れた部分があるが、欠けた箇所はなく保存状態は良好だ。47年6月から8月まで発行されていた「北海民報」が前身で、毎週木曜と日曜に出されていた朝刊紙。休刊後も「道南新聞」と題号を変え、49年10月まで続いた。

 市美術博物館で歴史を担当する学芸員の佐藤麻莉さん(32)は「保存状態の非常に良い現物が出てきたということ自体が大発見」と話す。

 紙面は1面で第2回市議会の開催や第1回児童福祉週間の実施、支笏湖のヒメマス解禁などを報じている。広告欄では、当時の厚真村や地元の自動車運輸業者らが市制施行を祝福。苫小牧味噌醤油株式会社の工員募集広告や大町にあった映画館・旭館が洋画「ガス灯」を近く上映する旨の告知も掲載されている。

 「当時の人たちの関心が高そうな話題を伝えており、暮らしぶりを知る上でも貴重。第一級の史料」と佐藤さん。持ち主の野土谷さんによると、自宅2階の自室に長らく保管されており、私物を整理した際に出てきたいう。「貴重な資料ということであれば美術博物館に寄贈し、大事に扱ってもらいたい」と述べた。

 日刊とまこまいは歴史的な価値を持つ資料の一つとして、国立国会図書館(東京)がマイクロフィルムをデジタル化して保存している。マイクロフィルムは45年9月から49年10月にかけ、連合国軍総司令部(GHQ)のマッカーサー指揮下で戦史の編さん作業に当たったゴードン・W・プランゲが78年ごろまで作製した。新聞や雑誌、書籍、小冊子などの出版物は当時、厳しい検閲下に置かれていた。

関連記事

釧路新聞社

キツネ被害 対処方法 市、ホームページに情報掲載【釧路市】

 クマやシカ、野鳥などの野生鳥獣に関する情報発信について、釧路市は新たにキツネの被害と対処に関する情報を市ホームページ(HP)に掲載した。市への問い合わせなどが多いことに伴う取り組み。担当の市環境...

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

紀伊民報社

ロケット発射を海から見よう 串本でカヤックツアーやクルージング

 和歌山県串本町田原で3月9日に発射が予定されている民間小型ロケットの見学場チケットが、販売から2日で完売するなどロケットへの関心が高まっている。そんな中、海から打ち上げを見学してもらおうと、町...

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク