全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「十勝型」探る体験ツアー「リゾベーション」 首都圏の大手企業社員ら参加

 「リゾベーション」という新たな滞在の形について、十勝での事業化の可能性を探る体験ツアーが24日から始まった。十勝・帯広リゾベーション協議会が主催、首都圏の大手企業で働く若手や中堅社員を中心に約40人が来勝した。3日間の日程で管内各所を回り、経営者との交流や観光などを通じ、十勝の魅力を体感してもらう考えだ。

岡崎代表(左)の話を真剣に聞く参加者

 リゾベーションは「リゾート」「ワーケーション」「イノベーション」を合わせた造語。首都圏と十勝の企業や人が交流し、出会いやビジネスの創出などを目指すもので、ホテルヌプカを運営する十勝シティデザイン(帯広市)を核に昨年立ち上げた同協議会が、地方滞在の新たな働き方として提唱。三菱地所など大手企業も参画する。

 ワーケーション拠点にホテルヌプカなどを想定した十勝型リゾベーションの構築を進めており、今年度、内閣府のモデル事業に採択された。同ツアーはその一環。7月にも小規模で開催し、今回で2回目。日立製作所やジョルダンなどの社員が参加した。

 初日は帯広経済センタービルで、十勝のベンチャー企業の経営者と「ビジネスマッチング」と銘打った懇談を行った。畑ガイドツアー事業などを手掛ける「いただきますカンパニー」(帯広市)の井田芙美子社長や、個室付きトレーラーハウスの製造・レンタル事業の「KOYA.lab」(本別町)の岡崎慶太代表などが登壇し、現状や将来構想などを語った。

 参加者からは「共感した」「一緒に事業をしたい」など感想が寄せられた。

 三菱地所(東京)の神田主税さん(44)は「地域密着型のベンチャービジネスは十勝の可能性を感じる。継続した交流のきっかけになれば」と話していた。

 25日はロケット事業のインターステラテクノロジズ(IST、大樹町)を訪問し、上川大雪酒造の「碧雲(へきうん)蔵」もある帯広畜産大なども回る。一行は27日朝まで十勝に滞在予定。同協議会は11月にも同ツアーを計画、年度内に成果報告なども予定している。

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク