全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

完熟フレッシュが宇部ふるさと大使に

チョーコクンの縫いぐるみを掲げる完熟フレッシュ(提供)

 「生まれてくる家間違えたー」のフレーズで知られる人気お笑いコンビ、完熟フレッシュが宇部ふるさと大使に就任した。宇部出身の池田57CRAZY(いけだごなくれーじー、本名・池田哲也)さん(46)と娘のレイラさん(16)のコンビ。「全国の皆さんに宇部の景色の美しさ、食べ物のおいしさ、そして人の優しさを発信していきたい」と抱負を語る。     父親の池田さんは西宇部小、厚南中、宇部フロンティア大付属香川高、大阪芸術大卒。別のお笑いコンビで活動した後、スポーツトレーナーとして就職し、2016年8月にレイラさんを相方にして完熟フレッシュを結成した。17年にM1グランプリのベストアマチュア賞に選ばれ、18年元日放送の「ぐるナイおもしろ荘」で注目を集めてブレーク。19年には、ゆかりのある西東京市のPR親善大使に任命された。今年1月、漫才協会に入会。2月には人気番組「クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?」で見事に300万円を獲得した。     宇部ふるさと大使には8月12日付で就任。テレビや舞台、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通じて市の魅力をPRしていく。池田さんのお気に入りは、母校である西宇部小の運動場上の貯水タンクがある所。目の前には海や興産大橋が広がり、後ろには山の力強い緑が見えて、宇部を象徴するような場所に思えるという。     完熟フレッシュは今年漫才協会に入ったこともあり「ネタをずっとやり続けていきたい。そして、常盤公園のイベントや宇部まつりで披露してみたい」と願う。テレビにたくさん出てもっともっと知名度を上げ、親子でいろいろな所へロケに行き「ロケと言えば完熟フレッシュ」と言われるような芸人になるのが目標。ネタをすることが一番だが「チャンスがあるならドラマや歌などにも挑戦してみたい」と意欲を燃やしている。     同大使は宇部の知名度を高め、産業や文化、観光の振興を図るために市が設置した。08年7月から市にゆかりの人を委嘱しており、完熟フレッシュで165人(組)となった。   

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク