全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

子どもたちの安全願い 藤里出身の兄弟 町にクマよけの鈴贈る

クマよけの鈴を浅利教育長に贈る髙橋博さん(左)

 能代山本をはじめ、県内でクマの出没がたびたび伝えられていることから、藤里町出身で首都圏に住む60代の兄弟が、古里の子どもたちがクマと不意に遭遇することで事故に遭わないようにと、クマよけ用の鈴を製作し、24日に町教育委員会に寄贈した。

 鈴を贈ったのは、同町出身の髙橋博さん(67)=神奈川県茅ケ崎市=と、兄で金属製品製造会社「サン・ディ・タカハシ」を経営する髙橋孝一さん(69)=埼玉県川越市=。昨年10月、同町藤琴地内でクマに襲われ、その後亡くなった女性とは以前から顔見知りで、事故があったことに心を痛めていたという。
 孝一さんがクマよけの鈴を製造、子どもたちが偶発的にクマと遭遇して事故に遭わないように町に贈ろうと思い立った。24日、博さんが町教育委員会を訪れて浅利美津子教育長に鈴を直接手渡した。
 寄贈された鈴は180個。合金で最高レベルの強度があるとされるべリック(亜鉛合金)製で、鈴本体のサイズは高さ8㌢弱。上部のカラビナを引き上げると音を止めることもでき、状況に応じて音を出したり止めたりすることができる。表面に刻まれた模様はきりだんすなどに使われる唐草模様からヒントを得たもので、一つずつ違うデザインになっているという。
 元公務員の博さんは退職後、冬季以外は故郷の町で過ごしている。県内ではクマの出没がたびたび伝えられており、また昨年は町内でも人身事故があったため、子どもたちの毎日が安全か気に掛けていた。「(兄弟)2人とも藤里の生まれなので、町に貢献したい」と思ったといい、そのためには「まずはクマに出合わないよう、自分の存在を知らせることが重要。これが子どもたちの安全につながれば」と話した。
 浅利教育長は「町を離れてもふるさとの応援団として思ってくれていることに感謝したい。子どもたちも喜ぶと思う」と話し、生まれ故郷への厚意に感謝を伝えた。

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク