全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

霧ケ峰のニッコウキスゲ 種子持ち去り問題に 長野県諏訪市

地域の人々の努力でたくさんの花を付けた車山肩のニッコウキスゲ。種子の持ち去りが問題になっている=7月16日

長野県諏訪市にある霧ケ峰のシンボル、ニッコウキスゲの種子の持ち去りが問題となっている。インターネットでの転売も行われており、同種を守る人々が憤っている。霧ケ峰は八ケ岳中信高原国定公園に指定され、同所のニッコウキスゲは植物そのものや種子を許可なく持ち出すことができない「指定植物」に含まれる。さらに一帯は各牧野農業協同組合などの所有地でもあるため、いかなる植物でも無断で持ち去るのは犯罪行為。各地に拡散された種子は、移動先でも在来個体群との交雑という問題もはらんでいる。

◆株を増やす大勢の努力

霧ケ峰で事業を営む男性は、袋を手に群生地で種子を集めていた50~60代とみられる男を見つけ「人々がどんな思いで保護してきたのかをよく考えてもらいたい」と注意したことがある。男性は「ニッコウキスゲの種子はたくさんまいてもほとんど発芽しないため、株を定着させるのが難しい。ここまで増やすのに大勢の努力が費やされている」と話した。

◆小中生も協力 地道に苗植え

霧ケ峰ではシカの食害などが原因で、20年ほど前まで山肌を黄色く染めるほど群生していたニッコウキスゲが、電気防鹿柵内を除きほとんど見られなくなった。昨今では、多くの団体が山を昔の姿に戻そうと再生活動に取り組んでいる。例えば、小和田牧野農業協同組合では小中学生の手を借り、地道に苗植えを続けながら花を増やしてきた。

県霧ケ峰自然保護センター(諏訪市)の職員は、霧ケ峰産をうたうニッコウキスゲの種子がネットで販売されている旨を来訪者に伝えられたことがある。昔から同種を含むさまざまな植物の盗難が相次いでいるが、  近年ではその多くがネットでの転売目的ではないかとみている。アツモリソウなどは盗掘が原因で霧ケ峰からほぼ姿を消したとされる。被害を未然に防ぐため、自生地、種ともに公表されてない植物もある。

野生生物を生息地から持ち出し別の地に放すと、移動先の在来個体群との交雑を起こす恐れがあり、近年問題視されている。ニッコウキスゲは他地域の同種個体群との交雑に加え、ユウスゲなど絶滅の危険性が高い植物との種間交雑を起こす可能性もある。

◆種の絶滅につながる恐れ

兵庫県立大学の中濵直之講師=保全生物学=は「歳月を掛け地域特有の環境に適応してきた種の遺伝情報が損なわれ、病気や急激な気候変動などに弱い個体が生まれ広がる可能性がある。種の絶滅につながる恐れもあるため、専門家の助言なく、みだりに持ち出すのは厳に慎んでほしい」と呼び掛けている。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク