全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「サウナパス」熱気を今年も 9施設参加、1日発売 十勝

 十勝サウナ協議会(後藤陽介会長)は10月1日から、管内の施設を巡る「サウナパスポート」を販売する。本場フィンランド式の「ロウリュ」が楽しめる9施設の中から4施設を利用でき、1枚3000円。1人2枚までの限定販売で、事務局の帯広観光コンベンション協会は「十勝のサウナの魅力を感じ、新しい入り方も楽しんでもらいたい」とPRしている。

サウナパスポートをPRするチラシ

 同協議会は、地域住民にサウナを楽しんでもらおうと昨年初めてサウナパスポートを用意し、700枚以上を売り上げた。「地元の人に限らず、道外からの旅行客にも好評」と事務局。今回は第2弾で、新たに4施設が加わった。

 対象施設は、北海道ホテル、十勝ガーデンズホテル、プレミアムホテルCABIN帯広、ひまわり温泉(以上帯広)、十勝川温泉観月苑(音更)、サホロリゾートホテル、湯宿くったり温泉レイク・イン、アヴァント(以上新得)、まきばの家(池田)の9施設。

 中でも初参加のアヴァントは、湯宿くったり温泉レイク・インの敷地内にあり、来年1月15日~3月15日の開設。屋外のテントサウナで体を温め、水風呂の代わりに凍結した湖に開けた穴に入るユニークな方式(2時間1万9500円)。まきばの家とともに要予約で、この2施設は高額なため、チケットでは利用料金から1割引きとする。

 9施設全て回ってスタンプを集めると、抽選で5人にサウナブランド「サウナモンスター」のサウナハット&ステッカー、7施設を回ると抽選で5人にフェースタオル&ステッカーが贈られる。

 利用期間は10月1日~来年3月31日。1000枚発行。各施設フロントと、とかち観光情報センター(緊急事態宣言期間中は休館)で購入できる。問い合わせは同協会(0155・22・8600)へ。

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク