全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

児童がカリフラワーなどで学校のキャラクター作り 山陽小野田

ビニールテープに沿って丁寧に苗を植える子どもたち(西高泊で)

 高泊小(椿英一校長)の3年生38人は22日、山陽小野田市西高泊の畑(30アール)で「カリフラワーレインボーアート」の制作に取り組んだ。同校のマスコットキャラクター梅っ茶くんを5色のカリフラワーとブロッコリーで表現しようと、約1万3000株の苗を1株ずつ丁寧に植えた。苗が育ってアートが完成するのは来年1月の予定。     米や酒米の生産、ネギのハウス栽培などを行っているアグリーフプラス(伊藤徹一郎社長、西高泊)が協力した初めての取り組み。コロナ禍で何かと制限の多い学校生活を送る子どもたちに楽しい思い出をつくってもらおうと、同社が提案し、畑を提供した。     白、赤、黄、オレンジ、紫色のカリフラワー、緑色のブロッコリーに、子どもたちの「スマイル」という色を加えた7色で畑アートに挑戦するコンセプトの下、1学期に3年生全員がそれぞれ下絵を描いて、図柄や配色の案を出し合った。その中で多かった梅っ茶くんと「アリガトウ」の文字を表現することにした。     同社やJAの職員が、事前に畑を耕し、梅っ茶くんや文字をかたどった線をビニールテープで示した。この日、子どもたちは6班に分かれて定植作業。職員の指示に従って、各箇所に植えるべき苗を、35センチずつ間隔を空けながら植えていった。       「さまざまな学校行事が縮小、延期されている中、子どもたちにとって虹色の思い出になれば」と伊藤社長。アートが完成したらドローンで写真撮影し、収穫したカリフラワーなどとともに同校に届ける予定。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク