全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

児童がカリフラワーなどで学校のキャラクター作り 山陽小野田

ビニールテープに沿って丁寧に苗を植える子どもたち(西高泊で)

 高泊小(椿英一校長)の3年生38人は22日、山陽小野田市西高泊の畑(30アール)で「カリフラワーレインボーアート」の制作に取り組んだ。同校のマスコットキャラクター梅っ茶くんを5色のカリフラワーとブロッコリーで表現しようと、約1万3000株の苗を1株ずつ丁寧に植えた。苗が育ってアートが完成するのは来年1月の予定。     米や酒米の生産、ネギのハウス栽培などを行っているアグリーフプラス(伊藤徹一郎社長、西高泊)が協力した初めての取り組み。コロナ禍で何かと制限の多い学校生活を送る子どもたちに楽しい思い出をつくってもらおうと、同社が提案し、畑を提供した。     白、赤、黄、オレンジ、紫色のカリフラワー、緑色のブロッコリーに、子どもたちの「スマイル」という色を加えた7色で畑アートに挑戦するコンセプトの下、1学期に3年生全員がそれぞれ下絵を描いて、図柄や配色の案を出し合った。その中で多かった梅っ茶くんと「アリガトウ」の文字を表現することにした。     同社やJAの職員が、事前に畑を耕し、梅っ茶くんや文字をかたどった線をビニールテープで示した。この日、子どもたちは6班に分かれて定植作業。職員の指示に従って、各箇所に植えるべき苗を、35センチずつ間隔を空けながら植えていった。       「さまざまな学校行事が縮小、延期されている中、子どもたちにとって虹色の思い出になれば」と伊藤社長。アートが完成したらドローンで写真撮影し、収穫したカリフラワーなどとともに同校に届ける予定。

関連記事

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

個性豊かな凧、大空へ 3年ぶり、全国から愛好家や市民集う 石垣島凧あげ交流..

 2022年第20回石垣島凧あげ交流会第10回全国シャクシメー大会(石垣島凧あげ大会実行委員会主催)が26日、南ぬ浜町人工ビーチで開催された。全国からの愛好家や地元の子どもたちら約150人が参加し、夏至南風...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク