全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

初のリモート職場見学 鶴岡高養実習前に コロナ禍で訪問難しく

 鶴岡市の県立鶴岡高等養護学校(山吉泰校長、生徒37人)で21日、初のリモート職場見学会が行われた。コロナ禍で職場実習前の訪問が難しくなっているためで、全校生徒がウェブ会議システムを通じて「オランダせんべい」の酒田米菓(酒田市両羽町)の工場見学や社長らとの質疑応答を行い、仕事への理解を深めた。

モニター(左奥)越しに酒田米菓の関係者に質問する鶴高養の生徒たち

 同校では例年、庄内・最上地方の企業約500社が加盟する同校現場実習支援の会(佐藤公力会長)を通じ、6月と10月に2週間前後、全校生徒が職場実習を行っている。実習先に就職する生徒も多いという。しかし、昨年からはコロナ禍の影響で実習先の確保が困難化。実習前の職場訪問も難しくなっているため、来月初旬からの実習を前に今回初めて、支援の会のサポートでリモート見学会を企画した。

 この日は酒田米菓の佐藤栄司社長が工場内を巡り、せんべい焼きや包装など工程に従って仕事内容を説明する様子をライブ配信。2016年春に同校を卒業、就職した佐藤匡さんが梱包(こんぽう)作業に励む姿も紹介された。

 生徒たちはその様子を、各学年の教室でモニター越しに見学した。また、1年生は佐藤匡さんに「就職して良かったことは?」、佐藤社長には「社会人として大切なことは?」などと質問。2人は「重いものを運ぶ時は大変だが、周りの人に喜んでもらえるとうれしい」「明るく元気にあいさつすることが最も大切」などと答えた。

 3年生の釼持一斗さん(17)は「普通は入れない工場の奥まで見られてためになった。校訓の『自立をめざし、明るく、すなおに、たくましく』は社会に出ても大切だと感じた。今後は特に、休まず働けるよう、体調管理に気を付けたい」と話した。

 3年生は来月4日から、1、2年生は同7日から、原則として1社に1人ずつ職場実習に出向く。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク