全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

実演と動画鑑賞楽しむ 「黒森歌舞伎」ワークショップ(酒田)

 酒田市黒森地区に約280年前から伝わる農民芸能「黒森歌舞伎」(県指定無形民俗文化財、国記録作成等の措置を講ずるべき無形の民俗文化財)に関するワークショップが20日、市出羽遊心館で行われ、参加した市民らが実演、動画鑑賞を通して理解を深めた。

ワークショップで迫力ある演技を披露=20日午後

 広く市民から音楽、美術などさまざまなジャンルの芸術に触れてもらう、酒田市など主催の「サカタアートマルシェ2021」の一環として、地元に伝わる芸能について理解してもらおうと、市と市教育委員会、市文化芸術推進プロジェクト会議が企画した。

 この日は市民約40人が参加、黒森歌舞伎保存会事務局の市教委社会教育文化課職員が案内役を務めた。毎年3月の太夫振舞(ご神籤(しんせん)の儀)から翌年2月の正月公演まで「黒森歌舞伎の一年」をまとめた動画を鑑賞、職員は「歌舞伎が農村で祭礼と結び付き定着した過程を唯一残している」「1年間に掛かる費用はおよそ500万円。行政などの補助に頼らず、地区内の企業や家庭からの寄付でまかなっている」などと解説した。

 2019年11月に行われたポーランド公演の模様を15分に凝縮した動画の鑑賞に続き、一座「妻堂連中」が同国でも披露した「義経千本桜―伏見稲荷鳥居前の場」を実演、その迫力を間近にした参加者たちは真剣な表情で見入っていた。妻堂連中の五十嵐良弥座長は「コロナ禍の中、集まっていただき感謝。今年の正月公演は中止となったが、来年こそはやるぞという思い。ぜひ黒森日枝神社に足を運んでもらい、現地で鑑賞してほしい」と話した。

 アートマルシェに関して同日午前、酒田舞娘(まいこ)の演舞、酒田吹奏楽団のコンサートも行われた。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク