全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

コロナ禍で無人販売進化中

ギョーザがぎっしり詰まった冷凍庫とさい銭箱に似た料金箱(右)=和歌山県田辺市明洋1丁目で

 農村地域でミカンや野菜を販売する―。そんな無人(セルフ)販売所のイメージを変える新形態が、和歌山県の紀南のまちなかや観光地に登場している。コロナ禍でも進化中の無人販売所を追った。

 田辺市明洋1丁目にある「餃子(ギョーザ)の雪松」は、冷凍ギョーザの無人販売店。店内はギョーザがぎっしり入った冷凍庫とさい銭箱に似た料金箱だけがある。初めての客は戸惑う人も多いが、購入の仕方を案内したビデオが常時流れている。
 運営会社(東京都)によると、全国で230店以上を展開しており、県内は田辺市で4店目。コロナ禍で持ち帰り需要が高まっているのを受け、関西でも出店を増やしているという。
 広報担当は「群馬県で80年続く知る人ぞ知る中華の食堂の後継者がいなくなり、看板メニューのギョーザの味を残そうと今の形態になった。名店の味を気軽に食べてもらいたい」と話している。36個入り千円(税込み)。

観光地にあるキャンプ用の薪の無人販売所(和歌山県田辺市本宮町本宮で)

 田辺市本宮町本宮には、キャンプ用の薪(まき)の無人販売所がある。板金業を営む石原精二さん(76)が、昨年から始めた。地元で伐採したスギが中心。アウトドアブームもあり、週末は1日20束ほど売れることもあるという。
 石原さんは「ホームセンターの目の前で、世界遺産熊野本宮館もすぐ近く。観光客の目にも付きやすい。薪は山ほどある。地元の人もキャンプをする時は気軽に活用してほしい」と話している。一束700円、2束1300円。
 那智勝浦町では、勝浦漁港周辺を中心に生マグロのセルフ販売所が点在している。水産会社の直営店から個人商店まで10店ほどあるという。
 こうした店は、さまざまなメディアで紹介され、最近は観光客の認知度もアップし、問い合わせも多いという。那智勝浦観光機構が配布している「生マグロマップ」でも販売所を紹介している。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク