全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

シルクの可能性語る 松ケ岡開墾150年記念・トークショー 「車産業に応用」「もっと身の回りに用途」 須藤さん(テキスタイルデザイナー)と中山さん(東北芸工大学長)

 テキスタイルデザイナーの須藤玲子さんと東北芸術工科大学学長の中山ダイスケさんのオンライントークショーが18日、鶴岡市の松ケ岡開墾場で行われた。

シルクの可能性について意見交換する須藤さんと中山さん

 須藤さんは茨城県石岡市生まれ。東京造形大学名誉教授。2008年から鶴岡織物工業協同組合のテキスタイルデザインアドバイスを手掛ける。日本の伝統的な染め織技法から現代の先端技術までを駆使し、新しいテキスタイルづくりを行っている。

 中山さんは香川県生まれ。「コミュニケーション」をテーマに絵画、写真、ビデオなどを発表。現代美術新世代の旗手として国際的に注目を集めている。鶴岡市の日本遺産アドバイザー。山形県産果汁100%ジュースのデザインや広告も手掛け、地域のデザイン活動も展開している。

 松ケ岡開墾150年を記念したトークショーのテーマは「シルクの可能性と未来 松ケ岡から世界へ」。フリーアナウンサーの佐藤暁子さんを司会者にシルクの将来などについて須藤さんと中山さんが意見交換した。 シルクの可能性について須藤さんは「車産業にも応用できないか考えたい。肌触りがよくリラックスできるシルクは、下着や靴下にもいいと思う。壁材に使っても面白い」と語った。

 中山さんは「まだまだシルクは高級なイメージ。もっと子どもたちや身近な身の回り品として使えると用途は広がる。活用方法はたくさんあるはず」と話した。

 会場の松ケ岡開墾場二番蚕室2階では須藤さんの特別展示会「サーキュラー・デザイン―kibisoはつづく―」が開かれている。時間は午前9時から午後4時。入場無料。水曜定休。展示は10月17日まで。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク