全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

学校給食に苫小牧産ホッキ コロナ禍で価格低迷「食べて応援」 姉妹都市八王子市

苫小牧市の姉妹都市・東京都八王子市は22~29日、水揚げ日本一を誇る苫小牧産ホッキ貝を学校給食で提供する。新型コロナウイルス流行により、ホッキの取引価格が低迷する中、同市が国のコロナ対策事業を活用して支援する。八王子市教育委員会は「苫小牧の名産品を食べて応援したい」と話している。

八王子の学校給食で提供される苫小牧産ホッキ貝

 同市はコロナ禍で苦しむ姉妹都市の産業を支援しようと、今年1、2月にも国の補助事業を活用し、苫小牧市のブランド牛「北雪牛(ほくせつぎゅう)」を学校給食で提供している。今回も、緊急事態宣言の発令でホッキ貝の飲食店需要が激減したことを受け、ホッキ給食を企画した。

 苫小牧漁業協同組合、加工業のマルゼン食品(苫小牧市)が協力し、国補助で苫小牧産ホッキ約1・2トンを仕入れ、ホッキカレーにして八王子市内の全小中学校107校に約3万8000食を提供する。苫小牧の学校給食レシピを再現する予定で、八王子市教委は「甘味あるジューシーなホッキの味わいを、子どもたちに楽しんでもらう」と意気込む。

 ホッキカレーを食べる際、子どもたちに両市のつながりはもちろん、苫小牧の資源管理型漁業についても解説する予定という。同市教委は「守りながら取る漁業を知ってもらうことで、姉妹都市に興味を持つきっかけを作りたい。コロナが収束したら苫小牧に行きたい、と思うような機会にしたい」と話す。

 苫小牧のホッキは現在、1キロ当たり卸値が前年比2~3割減で、300円を下回る状況。同漁協の赤澤一貴総務部長は「緊急事態宣言で厳しい取引が続く中、八王子の取り組みはとてもありがたい」と感謝し「消費者目線からすれば今が買い求めやすい。注目されるきっかけになれば」と期待している。

関連記事

紀伊民報社

炎天下に梅ずらり 夏の風物詩「天日干し」始まる

 和歌山県の紀南地方で、特産の梅の天日干しが始まった。梅雨明けの強い日差しの下、塩漬けした梅が容器にずらりと並べられている。  農家は収穫した梅をタンクで1カ月ほど塩に漬け込み、それを出して、...

荘内日報社

酒田舞娘と交流 地元の魅力支える人たち 十坂小で特別授業

 酒田市の十坂小学校(五十嵐敏剛校長)で22日、酒田舞娘(まいこ)を招いた特別授業が開かれた。芸妓(げいぎ)の小鈴姐さん、酒田舞娘の鈴華さんと鈴千代さんの講話・演舞を通し、6年生27人が「酒田の魅力」に...

輝く黄金 ロール点々 小麦収穫 ペース順調 帯広

 小麦の収穫が十勝管内で本格化する中、畑に残った麦わらを専用機械で巻き集めた「麦稈(ばっかん)ロール」が点在する風景を目にするようになった。広大な十勝農業を象徴する、夏限定の牧歌的な一こま。「...

宇部日報社

中学校の垣根越え研さん 厚狭卓球クラブ、部活動の地域移行先駆け【山陽小野..

 中学校部活動の地域連携・地域移行をめぐり、山陽小野田市は2026年度からの休日活動での地域移行を目指して協議を進めている。「地域の子どもたちを地域で育てよう」の共通認識の下、学校や市スポーツ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク