全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「バリアフリービーチ」高評価(ドリームやまがた里山プロジェクト)廃タイヤ活用のゴムマット配置 車椅子利用者が自由に海を満喫

 県内の環境関連NPO法人などでつくる市民団体「ドリームやまがた里山プロジェクト」(代表理事・小谷卓鶴岡高専名誉教授)が今夏、廃車となったトラックの古タイヤをリサイクルしたゴムマットを開発・製作した。海辺に敷き、車椅子でも砂浜を楽に行き来できるようにと開発したもので、障害の有無にかかわらず誰もが海に親しめる庄内浜の「バリアフリービーチ」イベントで活用。車椅子利用者と介助者からは「車椅子のタイヤが砂に埋まることなく波打ち際まで移動でき、とても良い」と高い評価を得た。

酒田市の宮海海水浴場で初めて開催された「バリアフリービーチ」の参加者=8月22日

 ドリームやまがた里山プロジェクトは2015年11月、庄内地域を中心にした15団体で設立され、現在は会員22団体、賛助会員1団体で構成。自動車の使用済みパーツの再利用は、県内で廃棄される車両が年間約4万台に上っていることに着目し、資源循環型社会を目指して県自動車販売店リサイクルセンター(本社・山形市、遠藤榮次郎社長)の全面協力を得て、日本財団(本部・東京)の「海と日本プロジェクト」の助成を受け、取り組みを進めている。

 2019年にはエアバッグやシートベルト、不要となった食品用発泡スチロールなどを活用し、県内の多様な団体、事業所の協力を得て、ライフジャケット100着を製作。昨夏は、鶴岡市鼠ケ関の「マリンパークねずがせき」で、車椅子やベビーカーの利用者でも浜辺まで近づき海に親しめるようバリアフリースロープを建設。コンクリートには廃棄車両の窓ガラスとバンパーを粉砕し混入、強度試験を経て施工した。同年、スロープ竣工記念イベントとして、ドリームやまがた里山プロジェクト主催の「バリアフリービーチイベント」が同所で開催された。

 今夏は「自動車廃材のリサイクル製品でバリアフリービーチ」をテーマに同財団の助成を受け、他の海水浴場にもバリアフリービーチが展開できるよう、廃タイヤ活用のゴムマットを開発。縦1・8メートル、横0・9メートルのマット100枚を製作し、「ビーチがバリアフリー!?」と題したイベントを、遊佐町の西浜海水浴場と酒田市の宮海海水浴場で繰り広げた。

 西浜海水浴場では8月6日から12日まで、コンクリート舗装が施されている監視員詰め所脇から波打ち際までの砂浜約100メートル区間にゴムマットを敷設。「バリアフリーデー」と銘打った9日は、車椅子利用者が訪れてマットの使い心地を確かめながら海に触れ、洋上バギーやいかだ乗りを体験し、庄内の海を満喫した。8月22日には酒田市の宮海海水浴場にゴムマットを敷き、訪れた子どもたちが車椅子使用を体験した。8月末に予定していたマリンパークねずがせきのイベントは新型コロナウイルスの影響で中止となった。製作したゴムマットは酒田市内の倉庫に保管し、無料で貸し出せるようにする計画。

 自動車廃材をリサイクルし、障害者と健常者が共に海に親しむ機会を創出する取り組みは、全国的な話題にもなっている。里山プロジェクトの髙橋雅宣事務局長は「鶴岡、酒田、遊佐の海水浴場に、体の不自由な人を含め誰もが海水浴を楽しめるユニバーサルビーチ(万人の海浜)をつくりたい。山形県・庄内がユニバーサルビーチの先進県となるための取り組みを、これからも進めたい」と話している。

トラックの廃タイヤをリサイクルして今夏製造したゴムマット=8月6日~12日、遊佐町・西浜海水浴場(写真=右)砂浜に敷いたゴムマット上で車椅子体験=8月22日、酒田市・宮海海水浴場(写真=左)

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク