全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

果実がニョロニョロ? 畑にヘビウリ

くねくねとした細長い果実を付けるヘビウリ(和歌山県田辺市中辺路町栗栖川で)

 和歌山県田辺市中辺路町栗栖川の玉置好子さん(80)の畑で、ヘビウリ(ウリ科)がニョロニョロとした細長い果実をつけている=写真。ヘビのような見た目をしており、近所でも珍しいと評判になっている。
 インド原産とされるつる性の植物で、果実は食用になる。
 玉置さんは畑に野菜や花、サクラの木などを植えているが、シカやイノシシ、サルによる被害が後を絶たないという。そこで、ヘビを嫌うサルよけになればと、知人に苗をもらって今年7月ごろに初めてヘビウリを植えた。
 畑では、白や緑の細長い果実約30本が棚からぶら下がっており、一部は近所の住民にあげたという。
 玉置さんは「いつもならサツマイモやカボチャなどの野菜を作ってもサルに食べられていたが、今年はサルが来ていない。種を取って、また来年も植えてみたい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク