全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部市が実施の「殺処分ゼロ」クラファンに反響

 宇部市は犬猫の殺処分をゼロにして、人と動物が共に幸せに暮らせる社会を目指す「動物と共生するまちづくりプロジェクト」に取り組んでいる。2017年度に開始したインターネットで資金を集めるクラウドファンディングには毎年、目標額を上回る寄付金が寄せられ、個人や団体による飼い主のいない猫への不妊去勢手術費用の助成に充てられている。     17年度は目標50万円に対して39件から50万8000円、18年度と19年度は各100万円に対して90件138万905円、194件356万3374円、20年度は200万円に対して117件220万2656円が寄せられた。17年度は年度末の追加募集にも、3件5万6000円が寄付された。     寄付者の居住地は、初年度は3分の2を市内在住者が占めたが、2年目以降はインターネットのメリットが生き、市外在住者が大幅に増えた。特に首都圏からが多く、20年度は東京31件、神奈川12件、埼玉8件、千葉6件で、市内在住者は1件だった。     補助金の対象事業のうち、市内に生息する飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費は、1匹当たり雌1万円、雄5000円が上限額(補助率は2分の1)。登録団体には、里親探しや譲渡会、飼い方セミナーなどの経費の一部も支援する。初めの3年間は登録団体だけが交付対象で、17年度は3団体に32万2000円、18年度は9団体に120万円、19年度は10団体に200万円を補助。20年度は自治会や個人を加え、10団体と36世帯に279万4000円を支援した。補助額に合わせ、手術をした猫の数も22匹、120匹、174匹、250匹と年々増加している。     「事業への関心は高い。手術後は鳴き声が無くなり、ふん尿の臭いも軽減される。個人を対象に加えてから苦情が減っている」と生活衛生課の担当者。今年度は前年度より100万円アップの300万円を目標額に据え、今月17日からクラウドファンディングを開始した。個人や自治会の活動をより後押ししていきたいとしている。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク