全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

湯野浜小 力合わせ「砂のアート」

 鶴岡市の湯野浜小学校(八渡宗一郎校長、児童109人)の伝統行事「砂の造形大会」が16日、同市の湯野浜海水浴場で行われた。全校児童が協力してウミガメやアザラシなどの大きな砂のアートを完成させた。

 児童が協力して一つの作品を作ることで、交流や結束力を深めてもらおうと、1978年から毎年開催。1―6年生の縦割り4班に分かれ、6月から準備を進めてきた。6年生を中心に粘土で作成した完成モデルを用い、役割分担などを決め、大会前日には同市下川の建設会社「山本組」の協力で会場に砂を盛り、5・6年生でおおよその形を造った。

 4班の作品は縦7メートル、横4メートル、高さ1メートルほどの大きさで、ホオジロザメ、海鳥、ウミガメ、アザラシ・ヒトデの海に関する生き物。児童たちはタンクからバケツで水を運ぶ係や、スコップで溝を掘り、作品を縁取る係などに分かれて作業。6年生が指揮を執り、協力して完成させた。

 1年生の佐藤眞大君(6)は「みんなと一緒に作れて楽しかった」、ホオジロザメを作った3年生の五十嵐陸君(8)は「6年生の指示で協力してできた。溝を掘るのが楽しかった」、6年生の齋藤羚那さん(11)は「難しいところなどを聞きながら作れた。自分にとって最後の造形大会が終わったけど、みんなで楽しめて良かった」と話した。

力を合わせて砂のアートの完成を目指す児童たち

関連記事

紀伊民報社

熊野本宮大社で合気道演武 植芝道場長の講習も

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」で20、21日、「合気道国際奉納演武」があった。  同市出身で合気道の開祖・植芝盛平のひ孫に当たる合気道本部道場...

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

帯広信用金庫の防犯講座人気 詐欺事例、寸劇交え

 十勝管内でも特殊詐欺事件が相次ぐ中、帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、被害防止のための出前講座を続けている。具体的手口を寸劇を交えるなどして分かりやすく紹介、社会貢献事業として無料で行ってお...

荘内日報社

外国人観光客とおもてなし交流 酒田港 泉小児童 日本の遊び紹介

 外航クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、8万2862総トン)の酒田港寄港に合わせ22日、酒田市の泉小学校の4年生42人が同港古湊埠頭(ふとう)に降り立った外国人観光客らに日本の遊びを紹介するなど交...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク