全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

鰐鳴八幡宮の

 山口市上小鯖の鰐鳴八幡宮(通称・小鯖八幡宮)でヒガンバナが見頃を迎え、訪れた人の目を楽しませている。同所は約200㍍の参道の両側に約10万本が咲き誇るヒガンバナの名所。開花のピーク時は、まるで赤じゅうたんを敷き詰めたかのような風景が広がる。古屋倫史宮司(71)によると、今年は例年よりも4、5日早い開花。16日時点で、全体の約8割が咲いていて19~23日ごろにピークを迎えるという。

 16日も大勢の写真愛好家らが訪れ、秋風に揺れる深紅のヒガンバナにレンズを向けていた。古屋宮司は「参拝を兼ねてぜひ足を運んでほしい」と話している。開花状況は、八幡宮のホームページでも知らせている。

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク