全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

生徒主体で体育祭一新 田辺市の中芳養中学

体育祭に向け、入場行進のポーズを練習する生徒(和歌山県田辺市中芳養で)

 秋の運動会シーズンが始まる。和歌山県田辺市の中芳養中学校(坂本和也校長、56人)では、生徒が主体的に意見を出し合って従来の内容を見直し、これまでと異なる取り組みに挑戦。「誰もが楽しめる体育祭」をテーマに練習に励んでいる。

 体育委員が中心となって、夏休み中に「どんな体育祭にしたいか」「体育祭をする意味は何か」について意見を出し合った。同校の体育教員のつながりで、「アダプテッド・スポーツ」(一人一人の発達状況や身体の状態に適応させたスポーツ)を研究している立命館大学(本部・京都市)の永浜明子准教授にもアドバイスをもらったという。
 話し合いの結果、誰もが楽しめる行事、他学年との交流が深まる行事にしたいという方針が決まり、それに沿って種目内容を見直した。従来の種目を完全にやめるのではなく、どうすれば全員が楽しめて有意義なものになるかに重点を置いて考えたという。
 例えば、100メートル走は単に速さを競うのではなく、各自が自分の全力で走るタイムを設定してそれを目標に走る。縦割り班による全員リレーは、苦手な生徒は短い距離、得意な生徒は長い距離を走るなど変化をつける。
 さらに入場行進も全員の動きを合わせ整列して歩くのではなく、自分たちで考えたポーズを決めたり、掛け声を出したりして工夫を凝らす。
 体育委員の3年、松上聖奈君(15)は「自分たちで考えるのは大変だけど、案外みんな楽しみながら取り組めている。本番も楽しみたい」と話している。

関連記事

十勝200キロ走破に挑戦 トカプチ400の一部走行 「ブルベ」

 超長距離サイクリングイベント「ブルベ」を企画するオダックスジャパン北海道(札幌)は17日、十勝を舞台に「ブルベ十勝200」を開いた。帯広を発着点に広尾など9市町村、約200キロを走るイベント...

長野日報社

2年ぶりイルミ輝く 長野県南箕輪村の大芝高原で「フェス」開幕

 長野県南箕輪村の大芝高原で16日、秋空を彩る「第16回大芝高原イルミネーションフェスティバル」(同実行委員会主催)が始まった。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止したため、2年ぶりの開催。...

市立図書館 車両稼働を記念し 「こっかあら号」公開

 新移動図書館こっかあら号稼働記念として移動図書館展を開いている石垣市立図書館は16日、関連イベントとして同館前で「こっかあら号」を市民に特別公開した。  同企画は移動図書館の巡回コースに入って...

北羽新報社

天空の不夜城デザイン 能代駅で「駅カード」配布

 JR秋田支社は、16日から能代駅を含む3駅で「駅カード」の配布を開始した。駅情報や人気の列車の絵などを盛り込んだデザインで、今回が第5弾。改札口で受け取ることができる。配布期間は来年2月27日まで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク