全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

西表島は「世界の宝」 大原小学校で自然遺産講話

自然保護官の竹中康進氏からイリオモテヤマネコについての説明を受ける児童ら=1日午前、大原小学校体育館(同校提供)

 【西表】大原小学校(石垣永一校長、児童63人)は1日午前、環境省西表野生生物保護センター自然保護官の竹中康進氏を講師に招き、「世界自然遺産ってな~に?」をテーマにした特別講演会を同校体育館で開いた。

 7月の西表島世界自然遺産登録を受け企画されたもの。竹中氏は「西表島の島全体が豊かな自然に囲まれていて、そこにはどこにもいないたくさんの生き物が生息していることから、西表島には貴重なイリオモテヤマネコ、カンムリワシなどが生息している」と説明した。

 その後、西表島の自然や自然文化遺産に関する三択クイズを出題し、児童の理解、関心を深めた。

 また、イリオモテヤマネコの生活の様子やカンムリワシの子育ての様子など貴重な動画を公開。普段は触れることのできないイリオモテヤマネコの剥製も展示され、児童らは興味津々に触れた。

 竹中氏は「西表島の素晴らしい自然と動植物が世界に認められ、世界の宝になったのは素晴らしいこと。この島を守っていくために、大原っ子一人一人ができることを考えて取り組んで欲しい。家庭でペットを飼う機会があれば責任を持ってしっかり育てて欲しい」と呼びかけた。

 3年生の遠山大智さんは「西表島の自然をこれからもっと大切にしていきたい」と感想を話し、6年生の浅田璃亜南さんは「西表島のことをしっかり学んで自然を守っていきたい。今日は貴重な時間をありがとうございました」と感謝した。

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク