全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡市メタジェン 鈴木さん(元サッカー日本代表)のAuBと共同研究 一般の人やアスリート調査 インナーウエアなど開発へ

 元サッカー日本代表の鈴木啓太さんが社長を務める腸内環境研究のバイオベンチャー「AuB(オーブ)」(東京都)と、慶應義塾大先端生命科学研究所発のバイオベンチャー「メタジェン」(鶴岡市、福田真嗣社長)は14日、東京都内で共同記者会見を開き、腸内環境と身体の内部の温度(深部体温)に関する共同研究を始めたと発表した。腸を温め睡眠の質を高めるなどの健康課題解決に向けたインナーウエアを開発し、来年2月の商品化を目指す。

共同研究について発表した右から福田メタジェン社長、AuBの鈴木社長と冨士川取締役=東京・八重洲(両社提供)

 古くから「おなかを温めると健康に良い」との言い伝えがあるが、腸を温めることによる健康効果については諸説あり、科学的には十分に証明されていないという。両社は共同研究を通じ、おなかを温める生活が腸内環境に与える影響や健康効果を明らかにし、健康に寄与するヘルスケア関連の商品開発につなげる。

 共同研究では一般の人に加え現役Jリーガーらトップアスリートを含む約100人を対象に、AuBが腸内細菌と腸の温度、食事内容、睡眠時間、便通などを調べ、便検体から腸内細菌の種類や量、割合を解析し、日常の食事や便通との相関関係を調査する。メタジェンは腸内細菌と代謝物を同社独自技術の「メタボロゲノミクス」で解析し、腸内細菌や腸内環境の状態、健康効果を評価する。

 オンラインで行った共同記者会見で、AuB研究統括責任者の冨士川凛太郎取締役が取り組みを説明。鈴木社長は「おなかを温めるということがどういうことなのか、今後も科学的に解明していきたい」と述べた。同社は2015年設立。アスリートの腸内環境の研究のほか、腸内環境を整えるサプリメントなどを商品化している。メタジェンとの共同研究は今回が初めて。

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク