全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

チョウザメ仲間入り 南箕輪の大芝湖に放流

南箕輪村大芝高原の各施設を運営する村開発公社は14日、大芝湖にチョウザメ2匹を放流した。下伊那郡豊丘村を拠点に養殖に取り組む住民から譲り受けた個体。観賞用として飼育し、村民ら多くの人に親しんでもらいたい―と期待している。

大芝湖にチョウザメを放流する関係者ら

チョウザメは、卵がキャビアとして珍重される淡水魚。硬骨魚類で、軟骨魚類のサメとは異なる区分に分類される。歯が生えていないため人にかみついてけがをさせることがなく、コイと同じ餌を食べる。湖の生態系を壊す恐れもないという。

長年交友のある同公社の原賢三郎副支配人(43)が、大芝湖での飼育を持ち掛けられたのがきっかけ。村に相談するとともに水温や水質を調べた結果、「大芝湖でも育てられる」と判断した。

放流したのは、体長約1.6メートルのロシアチョウザメ(体重約15キロ)とシロチョウザメ(同10キロ)。ともに雄で年齢は8~10歳。成長すると体長4メートル以上になるという。チョウザメは長命で、100年生きる種もある。2匹は下伊那郡阿智村にあるいけすからトラックで運び込まれ、1匹ずつ湖中に放たれた。

村によると、大芝湖の水深は深いところで約2.5メートル。カメやコイをはじめ、さまざまな野鳥が生息している。原副支配人は「たくさんの人が訪れる大芝高原。家族でチョウザメを探してみて」と話している。

関連記事

長野日報社

長野県伊那市産ヤマブドウワイン 上々の味「山紫」発売

 長野県伊那市が特産化を進めるヤマブドウ「信大W―3」を使ったワイン「山紫」の販売が23日から、市内を中心に南信地方の酒販店で始まった。昨秋収獲した果実は質、量ともに良好で、今季は過去最多の143...

“スタミナギフト”「肉丼」開発 帯広物産協会と東洋食肉販売

  帯広物産協会(小倉豊会長)が、新商品として豚肉や鶏肉、ハンバーグなどを詰め合わせたギフトセット「十勝の彩スタミナNIKUDON(肉丼)」を開発し、販売している。  「NIKUDON」は帯...

旭山学園自慢の十割そば 清水に17日そば店開店

 清水町内の社会福祉法人清水旭山学園(鳴海孟理事長)が運営する多機能型事業所「旭山農志塾」は、町南4ノ9の国道274号沿いで、そば店「石臼挽き十割そば農志塾」を17日にオープンする。そばの提供の他...

長野日報社

「豊かな香り堪能して」 信州大学農学部でワイン販売

 信州大学農学部(南箕輪村)は14日、学生が昨年秋の実習で収穫したリンゴとブドウを使った2種類のワインの販売を構内の生産物販売所で開始した。ふじを使った「濃厚リンゴワイン」と白ブドウの「ナイアガ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク