全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アラセツ前日「ツカリ」 ごちそう供え、コウソガナシ祭る 龍郷町秋名

お供え物の前で先祖に家内安全を祈る肥後サツさん=14日、鹿児島県龍郷町秋名

 旧暦8月最初の丙(ひのえ)の日に当たる15日はアラセツの祭り日。「秋名アラセツ行事」で知られる鹿児島県龍郷町秋名・幾里集落(奄美大島)では、前日の「ツカリ」となる14日、地域住民が家庭でごちそうをお供えしてコウソガナシ(先祖の神)を祭った。

 アラセツ行事は先祖を祭り、五穀豊穣に感謝する稲作儀礼。秋名・幾里集落で受け継がれる祭事「ショチョガマ」・「平瀬マンカイ」は、国の重要無形民俗文化財に指定されている。アラセツの前夜祭という意味があるツカリの日には、かつて住民が集落の家々を回って夜を踊り明かしたとされる。

 14日夕方、秋名の肥後サツさん(94)宅では、先祖のために用意された5つの膳が並び、ミキ(発酵飲料)とお酒が添えられた。サトイモや地元で捕れた高級魚(ジヌユ)、自家製の果物なども供えられた。肥後さんは「こうして健康に過ごせるのもご先祖様のおかげ。これからもお守りください」と家内安全を祈った。

 ツカリの日には毎年欠かさずお供え物をするという肥後さん。集落内では高齢化が進み、ツカリにごちそうを供える家庭が減少している中、70年以上この伝統を守り続けている。

 「ご先祖様は家の守り神。今は新型コロナもあるし、健康祈願のためにも絶対にやらなければ」との強い思いがあった。家族とツカリのお供え物を準備するのが楽しいという肥後さんは「毎年月が照り始めると、もうすぐツカリとアラセツだなあとわくわくする」と笑顔で語った。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

選手700人鉄人レース トライアスロン大会 長野県諏訪6市町村

 長野県諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔...

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク