全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

クルマエビのゲノム解読 養殖の効率化に期待 OIST

沖縄県の海面養殖業生産額の28%を占めるなど重要な水産物のクルマエビ(資料写真)

 東京海洋大学と沖縄科学技術大学院大学(OIST)などの研究チームがクルマエビのゲノム情報の概要を明らかにした。研究チームは「ゲノム情報はクルマエビの感染症防除法の開発や品種改良、資源評価の情報基盤として役立つと期待される」としている。日本時間の14日、米国遺伝学会が発行する学術誌の「Genes Genomes Genetics」でオンライン公開された。

 クルマエビは石垣島や竹富島でも養殖されており、沖縄県の海面養殖業生産額の28%を占めるなど重要な水産物となっているが、ウイルスや細菌など病原微生物による漁業被害に悩まされてきた。

 2020年10月には、大宜味村のエビ養殖場でクルマエビに近い種のバナメイエビが国内で初めて確認された特定疾病の急性肝膵臓壊死症(AHPND)で大量死し、県は「クルマエビでも発生する恐れがある」として新たな脅威に警戒感を強めている。

 同チームでは「感染症を予防するにはクルマエビが病原体と戦う仕組みの生体防御機構を理解することが重要」と指摘する。

 今回の研究は、次世代シーケンサーと呼ばれるDNA解析機器を使い、県産クルマエビのゲノム概要配列を得ることに成功。ゲノムの3割弱が単純反復配列というクルマエビ類以外ではほとんどみられない特徴を有することや存在が推定された2万6000個の遺伝子のうち7割弱の遺伝子の機能を予測できた。

 研究チームでは今後、遺伝子の働きや個体間の遺伝子配列の違いを詳細に解析することで「病気に強いエビをつくるための研究の加速や新品種をつくり出すゲノム育種、天然資源管理の高度化を進めるためのDNAマーカーの開発に役立つ」とさらなる研究の発展に期待を寄せる。

関連記事

渡り途中に一休み ベニバト飛来 市内

 国内で見られるハトの仲間で最も小さいベニバトの群れが22日、石垣市内の田んぼで観察された。  ベニバトは、体長約23㌢で八重山に留鳥として生息する国の天然記念物のキンバト(全長25㌢)より小さい...

釧路新聞社

屋内遊戯施設、愛称「わんぱーく」に【根室】

  今冬オープン予定の屋内遊戯施設の愛称が決まった。愛称公募には31点の応募があり、中から北斗小学校3年の高井壮琉(そる)君(8)の「子供たちが『わんぱく』に遊べる『公園』(PARK・パーク)」を...

長野日報社

長野県諏訪市にアサギマダラ飛来の名所を フジバカマの花畑づくり3年

 諏訪市四賀普門寺の白狐公園横の畑にアサギマダラが飛来する花畑をつくる取り組みが行われている。国内外でチョウの採集をしているチョウ愛好家の伊藤春行さん(67)=同市中洲下金子=の呼び掛けで3年前...

荘内日報社

野球好きの女子集まれー!!(酒田ビクトリーガールズ)スポ少で育ち中学でも続..

 酒田地区野球連盟(池田藤悦会長)は、酒田、遊佐両市町の女子中学生を対象にした軟式野球チーム「酒田ビクトリーガールズ」を立ち上げ25日午後、同市の旧酒田工業高グラウンドで初練習を行った。県内の連盟と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク