全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

クルマエビのゲノム解読 養殖の効率化に期待 OIST

沖縄県の海面養殖業生産額の28%を占めるなど重要な水産物のクルマエビ(資料写真)

 東京海洋大学と沖縄科学技術大学院大学(OIST)などの研究チームがクルマエビのゲノム情報の概要を明らかにした。研究チームは「ゲノム情報はクルマエビの感染症防除法の開発や品種改良、資源評価の情報基盤として役立つと期待される」としている。日本時間の14日、米国遺伝学会が発行する学術誌の「Genes Genomes Genetics」でオンライン公開された。

 クルマエビは石垣島や竹富島でも養殖されており、沖縄県の海面養殖業生産額の28%を占めるなど重要な水産物となっているが、ウイルスや細菌など病原微生物による漁業被害に悩まされてきた。

 2020年10月には、大宜味村のエビ養殖場でクルマエビに近い種のバナメイエビが国内で初めて確認された特定疾病の急性肝膵臓壊死症(AHPND)で大量死し、県は「クルマエビでも発生する恐れがある」として新たな脅威に警戒感を強めている。

 同チームでは「感染症を予防するにはクルマエビが病原体と戦う仕組みの生体防御機構を理解することが重要」と指摘する。

 今回の研究は、次世代シーケンサーと呼ばれるDNA解析機器を使い、県産クルマエビのゲノム概要配列を得ることに成功。ゲノムの3割弱が単純反復配列というクルマエビ類以外ではほとんどみられない特徴を有することや存在が推定された2万6000個の遺伝子のうち7割弱の遺伝子の機能を予測できた。

 研究チームでは今後、遺伝子の働きや個体間の遺伝子配列の違いを詳細に解析することで「病気に強いエビをつくるための研究の加速や新品種をつくり出すゲノム育種、天然資源管理の高度化を進めるためのDNAマーカーの開発に役立つ」とさらなる研究の発展に期待を寄せる。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

選手700人鉄人レース トライアスロン大会 長野県諏訪6市町村

 長野県諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔...

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク