全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

八峰町八森漁港でヒラメとマダイの稚魚放流

八森小児童たちが八森漁港岸壁からヒラメとマダイの稚魚を放流

 県栽培漁業協会(大竹敦理事長)の稚魚放流式が14日、八峰町八森の八森漁港で行われた。神事で大漁と海上安全を祈願した後、八森小の児童がヒラメとマダイの稚魚各2千匹を海に放流し、つくり育てる漁業の推進に一役買った。
 放流式は栽培漁業の普及啓発を目的に毎年実施しており今年で29回目。八森漁港で行われるのは5年ぶり。今年は八森小の5年生24人と、漁協関係者、県・町の関係者ら合わせて約60人が参加した。
 はじめに神事で大漁と海上安全を祈願。その後、大竹理事長が「新鮮で安全・安心な食材を県民の食卓に運ぶ願いを込めて栽培事業を行っている。稚魚放流を通して、未来を担う子どもたちに栽培事業への理解を深めてもらい、海の環境保全への認識を高めてもらいたい」とあいさつした。
 この後、児童が漁港荷さばき所前の岸壁に並び、バケツに入れた稚魚を放流した。この日放流したのは4月下旬にふ化した全長約10㌢のヒラメと5月上旬にふ化した全長約9㌢のマダイ各2千匹。児童たちは、タンクからバケツに稚魚を取り分けてもらい、次々に岸壁から海に放した。
 稚魚はバケツの中で水しぶきを上げたり飛び出してしまうほど元気で、児童たちは生きの良さを手に感じながら放流。奈良明空さんは「稚魚は小さくてかわいかった。元気に育ってまた戻って来てほしい」と笑顔を見せていた。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

選手700人鉄人レース トライアスロン大会 長野県諏訪6市町村

 長野県諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔...

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク