全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

眠っていた反物 変身 ミンサーウエアに みね屋工房、アップサイクル

アップサイクルしたミンサーウエアを手にする外間博貴さん、義博さんとみね屋工房スタッフ(右から)=13日午後、みね屋工房

 ミンサー織りの製品などを販売しているみね屋工房(高嶺幸子代表取締役)は30年以上たんすの中に眠っていた反物をアップサイクルしたミンサーウエアを製作した。依頼者の外間義博さん(63)、博貴さん(29)親子も「代々引き継がれてきた反物がよみがえりうれしい」と喜んでいる。

 生地は義博さんの祖母、故・新里カナガマさんのもの。カナガマさんが米寿祝いで着用後、30年以上たんすで保管されていたという。外間さん親子は「何かに有効活用できないか」と考えた結果、現代に合わせたミンサーウエアへのアップサイクルを考案した。

 生地は藍色の格子柄とバンジョーガニ(番匠金)柄の2種類。8月末に生地を持ち込み、みね屋工房に製作を依頼した。スタッフがプレス、裁断、縫製などの作業を行い約15日で完成させた。

 バンジョーガニ柄の長袖ウエアは神戸に住む博貴さんの義父母にプレゼント。5Lサイズに作られた格子柄ウエアは博貴さんの友人であるプロラグビー選手のトコキオ・ソシセニさんに贈る予定という。

 完成したウエアを手にした博貴さんは「世界に一つだけの贈り物ができた。石垣島の文化をつなげられたら」と感慨深げ。

 義博さんは「想像以上の出来。相手方の喜ぶ顔が想像できる」と笑顔を見せ、「こうした反物は他の家にもたくさんあると思う。時代に合った使い方で代々残せていけたら一番良いのでは」と語った。

 高嶺代表によると、ここ数年反物の持ち込みが増えてきており、年に2、3件アップサイクルの依頼があるという。

 高嶺代表は「反物は捨てられない大切なもの。できるだけ長く使用してもらいたい思いがある。今後もアップサイクルの取り組みを進めていきたい」と語った。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク