全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡高専新たな「学習・交流ラウンジ」整備 学生が知的なワクワク感覚える場 学校の「顔」となる交流スペース 「世界水準の学習環境構築」森校長設計

 鶴岡市の鶴岡工業高等専門学校(森政之校長)に、新たな「学習・交流ラウンジ」が整備された。今春に赴任し「世界水準の学習環境の構築」を基本方針の一つに掲げる森校長が自ら設計したもので、学生や教職員、来訪者が学習や交流スペースなどとして活用していく。森校長は「学生が知的なワクワク感を覚える場になれば」と活用に期待している。

完成した鶴岡高専の学習・交流ラウンジ。右奥が森校長=10日、記者懇談会終了後に報道陣にお披露目

 1号館1階の正面玄関から入った廊下右手にある南北に細長いスペースで、広さは70平方メートル。これまでは3つに仕切り、就職関係の資料スペースとして使ってきた。しかし、関係情報はネットで入手することが増え、稼働率は落ちていた上、周辺に待ち合わせするような場所もなかったことから、同校施設・設備マネジメント委員会(委員長・山田充昭寮務主事)が検討。「学生が自由に使用でき、学校の『顔』となるフリースペース」に改装することにし、8月半ばに着工、今月9日から供用を始めた。就職関係の資料は1階の学生課の隣接スペースに移動した。

 間仕切りは取り払い、一つのオープンスペースとした。壁面は明るい木質調で、ホワイトボード1枚、デジタルサイネージ(モニター)3基を設置した。うち1基はタッチパネル方式で、学校や学生の活動を紹介する情報を自由に閲覧できるようにした。ハイテーブルやベンチ、スツールも置いた。

 活用方法は、学生や教職員、来訪者のアクティブラーニング、成果発表、刊行物の配布、学生の作品展、ミニセミナー、レクチャーなどを想定している。

 陣頭指揮を執った森校長は名古屋工業大建築学科卒の1級建築士で、文科省などで小中学校や大学の施設整備にも関わってきた。校長就任時から「オープンな学習環境によって学生、教職員がお互いに刺激し合う環境をつくりたい」と、「世界水準の学習環境の構築」を基本方針の一つに掲げている。

 森校長は供用開始に当たり、「学生が知的に触発され、知的な交流が進むような空間になれば」と活用への期待を語った。

関連記事

長野日報社

関東甲信 過去最速梅雨明け 諏訪地方もスッキリ青空 長野県

気象庁は27日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。1951年の統計開始以来最も早く、平年より22日、昨年より19日早い。梅雨明けまでの期間は21日と過去最短だった。 ...

紀伊民報社

「野球始めるきっかけに」 元阪神・濱中さんが教室

 田辺市出身で元プロ野球選手の濱中治さん(43)が25日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで野球教室を開いた。  濱中さんは5月、野球独立リーグ「和歌山ファイティングバーズ」のゼネラ...

荘内日報社

女子プロレス・ディアナ庄内大会 同郷の井上選手らとタッグ戦

佐藤選手 古里・庄内町で凱旋試合  庄内町余目出身の女子プロレスラー・佐藤綾子選手(36)の凱旋(がいせん)興行「ワールド女子プロレス・ディアナ庄内大会」が25日、同町総合体育館で行われた。メインイベ...

厚真神社お披露目 復旧した姿に笑顔 鎮守の杜マルシェ

胆振東部地震で社務所や鳥居などが大きな被害を受けた厚真神社の復旧をお披露目するイベント「鎮守の杜(もり)マルシェ」が24、25両日、同神社で開かれた。神事の茅の輪くぐりや手水舎(ちょうずや)に花々...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク