全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

田辺市で事業者支援受け付け開始 問い合わせも相次ぐ

特設窓口で交付金の申請手続きをする事業者(10日、和歌山県田辺市新屋敷町で)

 和歌山県の田辺市は10日、新型コロナウイルスの影響で売り上げが減少した中小事業者を支援する「地域経済持続化支援金」の申請受け付けを始めた。初日は30件を受け付け。予約は6日から約70件、申請書類の受け取りは100件を超えており、この日も市には問い合わせが相次いだ。
 市独自の交付金第3弾。7月以降の「第5波」による苦境を支援しようと、急きょ創設した。支給額は事業規模により10万~50万円。
 市内に事業所や店舗がある事業者で、今年7~12月のうち、連続する2カ月の月平均の事業収入額が前年または前々年の同期比で30%以上減少していることなどを要件としている。昨年12月~今年6月に創業した新規開業者も対象になり得る。
 申請は市役所別館(新屋敷町)3階大会議室に設けた特設窓口で受け付けている。混雑を避けるため、予約制。来場時点で書類を準備しているため、申請にかかる時間は10~30分程度という。申請後、2週間以内の交付を目指している。
 10日に申請を済ませた運転代行業の男性は「20年この仕事をしているが、これだけ厳しいのは初めて。飲食街に客足が戻ったといわれる盆前も代行の仕事はさっぱりだった。先の見通しが立たず、健康にも不安があるが、何とかやりくりするしかない」と話した。
 申請は来年1月31日まで。電話で日時を予約し、必要書類を持参する。特設窓口以外にも、郵送や各行政局(本宮地域は世界遺産熊野本宮館)で申請できる。申請書類は市商工振興課、観光振興課、農業振興課、山村林業課、水産課、各行政局建設課、市ホームページで取得できる。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク