全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

すし修業生かし海鮮丼 新ランチメニュー 本別「福来太郎」

海鮮チラシ丼をメニューに加えた何ン田さん

 本別町内の飲食店「福来(ふき)太郎」は、新ランチメニューに海の幸たっぷりの「海鮮チラシ丼」を登場させた。同店を経営する物まねタレントの何ン田研二さんは「すし店で働いた腕を披露したい」と来店を呼び掛けている。

 何ン田さんは、すし職人を目指し帯広市内の中学卒業後、地元のすし店で修業を開始。その後は複数の飲食店や建築関連の仕事にも携わったが、若い頃から歌手になりたいという夢もあり、2011年から札幌ススキノで歌謡ショーができるパブを開店。新型コロナウイルスの影響でススキノの飲食店が大打撃を受けたことから昨年秋、本別に移住して再スタートを切っている。

 海鮮チラシ丼は8月中旬から提供を開始。マグロやサーモン、エビ、イクラなど、その日に仕入れた10種類以上の海の幸をふんだんに使い、ボリュームも満点。がごめ昆布がトッピングされ、とろっとした食感も楽しめる。

 1食900円で提供。テークアウト時は保冷剤を付ける。何ン田さんは「赤字覚悟の料金設定だが、おいしいものを食べてコロナを吹き飛ばしてくれたら」と話す。また、帯広のブランド牛「豊西牛」を使った「プルコギ元気丼」(900円)も今月から販売をスタートさせている。

 ランチタイムは正午から。夜の部は道の緊急事態宣言発令により営業を見合わせている。木曜定休、日曜は不定休。問い合わせは同店(0156・28・0888)へ。

関連記事

ユリ根で揚げかまぼこ 大坂農場が道の駅・忠類で販売

 ユリ根農家の大坂農場(幕別町忠類新生176、大坂崇士代表)がユリ根を使った揚げかまぼこ「ナウマンボール」の販売を道の駅・忠類で始めた。同農場として加工品作りに挑戦するのは初の試み。毎年一定数出る...

長野日報社

マツタケ「どっさり」量り売り 長野県伊那市の産直市場

長野県伊那市ますみケ丘の産直市場グリーンファームで、マツタケの入荷が最盛期を迎えた。20日は豊作のときだけ行う「量り売り」を久しぶりに実施。連休でにぎわう売り場が一段と活気づいた。 先週末か...

十勝8店の“あんことミルク”食べて応援

 十勝を代表する小豆や乳製品の消費喚起を目的に、管内8店舗のオリジナル商品を応援する「あずき食べてみるく?キャンペーン」が、30日まで行われている。同キャンペーン事務局は「小豆と乳製品の相性は抜群...

長野日報社

チョウザメ仲間入り 南箕輪の大芝湖に放流

南箕輪村大芝高原の各施設を運営する村開発公社は14日、大芝湖にチョウザメ2匹を放流した。下伊那郡豊丘村を拠点に養殖に取り組む住民から譲り受けた個体。観賞用として飼育し、村民ら多くの人に親しんでもらい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク