全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県茅野市高部の土石流 災害ボランティア受け入れ

民家の敷地に流れ込んだ泥を袋に詰めて運び出す災害ボランティア

 長野県茅野市高部で発生した土石流災害を受け、市災害ボランティアセンター(事務局・市社会福祉協議会)は7日、ボランティアの受け入れを始めた。茅野シティホール駐車場(同市安国寺)に設営したテントを本部とし、12日まで市内在住の中学生以上を対象にボランティアを募る。初日は一般や市職員、諏訪圏青年会議所メンバーら約40人が参加。要請のあった被災住宅に赴き、泥出しなどの作業に励んだ。

 市社協によると、住民への聞き取りで6日までに17軒のボランティア派遣の要望が寄せられた。今後も聞き取りを続ける。この日はチームごとに高部の9軒で泥の搬出作業などに当たった。

 一人暮らしの89歳女性の住宅では、庭一面に泥が押し寄せた。泥は玄関で止まり、床上までは入ってこなかったという。女性は「ボランティアが来てくれてうれしい。一人で片付けるのは無理」と感謝した。高部公民館近くに住む会社員の小林千浩さん(58)は玄関先の床下まで堆積した泥を重機で取り除いてもらい、「助かった。土砂は20トンもあった。手作業ではとてもできない」と、少しほっとした様子だった。

 ボランティアに参加した氏家真二郎さん(59)=豊平=は「災害はいつ起きるか分からない。こうした活動で地域のつながりが強くなれば」と話した。そば店経営の両角芳隆さん(49)=北山=は、所有する小型ショベルカーを2トントラックに載せ、=重機ボランティア=として参加。一昨年の台風19号災害でも重機ボランティアとして千曲川流域の被災地に半年間通ったという。「知り合いもいるし、地元の人が困っているので協力したい。当分、手伝いに来たい」と話していた。

 ボランティア参加希望者は当日、シティホール駐車場に集合する。受け付けは午前9時~同11時。問い合わせは同センター(電話080・6781・8852)へ。

関連記事

渡り途中に一休み ベニバト飛来 市内

 国内で見られるハトの仲間で最も小さいベニバトの群れが22日、石垣市内の田んぼで観察された。  ベニバトは、体長約23㌢で八重山に留鳥として生息する国の天然記念物のキンバト(全長25㌢)より小さい...

釧路新聞社

屋内遊戯施設、愛称「わんぱーく」に【根室】

  今冬オープン予定の屋内遊戯施設の愛称が決まった。愛称公募には31点の応募があり、中から北斗小学校3年の高井壮琉(そる)君(8)の「子供たちが『わんぱく』に遊べる『公園』(PARK・パーク)」を...

長野日報社

長野県諏訪市にアサギマダラ飛来の名所を フジバカマの花畑づくり3年

 諏訪市四賀普門寺の白狐公園横の畑にアサギマダラが飛来する花畑をつくる取り組みが行われている。国内外でチョウの採集をしているチョウ愛好家の伊藤春行さん(67)=同市中洲下金子=の呼び掛けで3年前...

荘内日報社

野球好きの女子集まれー!!(酒田ビクトリーガールズ)スポ少で育ち中学でも続..

 酒田地区野球連盟(池田藤悦会長)は、酒田、遊佐両市町の女子中学生を対象にした軟式野球チーム「酒田ビクトリーガールズ」を立ち上げ25日午後、同市の旧酒田工業高グラウンドで初練習を行った。県内の連盟と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク