全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内の武家文化と歴史紹介 「藩主の宝・藩士の宝展」始まる (酒井家庄内入部400年記念プレ企画展)

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠久館長)で3日、酒井家庄内入部400年記念プレ企画展「藩主の宝・藩士の宝展」が始まり、旧庄内藩酒井家や旧家臣の家に伝わってきた武具や掛け軸、茶道具などを通じ、庄内の武家文化と歴史を紹介している。

庄内酒井家や旧家臣の家に伝わる刀剣や掛け軸などを集めた展覧会

 来年の入部400年のプレ企画。室町時代から江戸時代を中心に、甲冑や刀剣、茶碗、茶杓、書、絵画、古文書など、国宝2点、国の重要文化財3点、重要美術品2点を含め67点を展示した。酒井家伝来のほか、旧藩士が藩主から拝領したものや、代々にわたり受け継いできたものを含め、庄内全体で継承されてきた武家文化にスポットを当てた。

 このうち刀剣では、国宝「太刀 銘 信房作」は、酒井家初代で徳川四天王筆頭の忠次が天正12(1584)年の小牧・長久手の合戦で武功を挙げた際、徳川家康から贈られたもの。同様に国宝になっている拵(こしらえ)(外装)と共に展示した。また、国の重要文化財「短刀 銘 吉光(名物信濃藤四郎)」は、刀剣をキャラクター化したゲーム「刀剣乱舞」に登場するため、若い世代にも知られている。

 掛け軸では、酒井家第3代・忠勝が小堀遠州から一字千金で譲り受けたと伝わる国重要文化財「禅院額字『潮音堂』」(以上、いずれも致道博物館蔵)、茶器で「大井戸茶碗 銘 酒井」(国重要美術品、本間美術館蔵)など。

 本間豊学芸部長は「優れた美術品は経済的な理由で手放されることも多いが、地域全体としてこれほどのものが残っていること自体が素晴らしい。一つ一つに秘められた物語を含めて大切にしてきた歴史を見てほしい」と話している。

 展示は10月19日(火)まで。今月25日と来月9日には学芸員のギャラリートークを行う。また、「致道博物館×刀剣乱舞ONLINEコラボ企画」として、会場に信濃藤四郎の等身大パネルを設置したほか、オリジナルグッズの販売、来館者への記念コラボカード配布も行っている。問い合わせは同博物館=電0235(22)1199=へ。

関連記事

長野日報社

幻想的ほおずき提灯 伊那市高遠町ご城下通り

長野県伊那市高遠町の「ご城下通り」沿いに21日、ほおずき提灯が飾り出された。辺りが暗くなると明かりが入り、稲穂を模して笹竹につるした赤い提灯が通りを幻想的に照らした。 22日に宵祭り、23日に本祭...

荘内日報社

“映画の灯”再び 鶴岡まちキネプレ上映会 10月から3カ月週末中心に多彩な作品

 昨年5月に閉館した鶴岡市の旧鶴岡まちなかキネマ(まちキネ)の一部の上映機能を交流スペースとして活用する計画に関し、運営を担う「山王まちづくり」(三浦新社長)が15日、プレ上映会を行うと発表した。10月...

ママチャリ完走目指し 更別「5時間耐久」

 「全日本ママチャリ5時間耐久レース」(実行委員会主催)が5日、更別村の十勝スピードウェイで行われた。自動車レースの舞台となるコースを、39チーム約260人が自転車で完走を目指して駆け抜けた。 ...

荘内日報社

「赤川花火大会プレゼンツ/2021」フィナーレ!! 夏の夜空照らす 頑張る医療従..

 「赤川花火大会プレゼンツ2021」が21日夜、フィナーレを迎え、割玉やスターマインなど30発が夏の夜空を照らした。大会会長で鶴岡青年会議所の五十嵐由浩理事長は「最初は不安の中での開催だったが日に日に評価...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク