全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豪雨災害5年 流された牛 今も現役 濁流から11頭救出 清水

 清水町御影の酪農家白木邦彦さん(67)は、2016年8月の台風10号豪雨災害で牧場が被災し、子牛16頭が濁流の芽室川に流されたが、11頭が救出された。10キロ下流の芽室橋の下で見つかった1頭など、生き延びた中には今も“現役”で搾乳する牛もいて、白木さんは「人間では考えられないこと。奇跡だった」と振り返る。

芽室橋の下から救出された牛と白木さん。今も現役の搾乳牛だ

「奇跡だった」 元気に成長
 白木さんは5年前の8月30日夜、牧場横を流れる芽室川が増水したため、近くの親戚の元へ避難した。翌朝、自宅に戻ると「家の周りが明るい」と感じた。川が敷地を削って、あるはずの車庫や倉庫がなくなっていた。

 子牛を飼っていた施設に行くと、流れが基礎部分を削っている最中だった。急いで牛を避難させたが、16頭が流された。「危なくて助けようにも助け切れなかった」といい、目の前で激流にのまれた牛もいた。

 川の水が引き始めると、白木さんの電話に次々と牛の目撃情報が入った。中州で動けなくなったり、畑を走り回っていたりで、親戚の力を借りながら連れ戻した。その中の1頭が、芽室橋の下で見つかった耳標「1030番」。9月5日、建設会社がブルドーザーで川の流れを一時的に変え、牛を捕まえてクレーンでつり上げた。流されてから6日たっていた。

増水した芽室川の河川敷で動けなくなり、救出された子牛。橋の上のトラックまでクレーンでつり上げられ、無事に牧場に戻った(2016年9月5日)

 行方不明と死んでいた5頭を除く11頭が戻った。被災したストレスを心配したが、その後は多くが元気に育って親牛になった。白木さんは「一緒に流されたトラクター4台が今も見つからないほどの濁流だった。11頭も生きていたのは本当に奇跡みたいなもの」と話し、その生命力の強さに感心する。

 白木さんは台風前から、酪農は自分の代限りと決めていて、当時200頭いた牛は現在は50頭ほどになった。あの豪雨は「思い出したくない」経験。救出された牛も特別扱いはしていない。橋の下から助け出された1030番も同じで、「6、7歳で年だから多く搾るつもりはないけど、出るうちは搾りたい」と話している。

関連記事

幻想的氷の美術館 支笏湖氷濤まつり開幕 

2022千歳・支笏湖氷濤まつり(支笏湖まつり実行委員会主催)が29日、千歳市の支笏湖園地で開幕した。「氷の野外美術館」をコンセプトに高さ約13メートルの「ブルータワー」5基や氷の展望台など氷像約3...

帯広農業高スイーツ 全道セコマに レシピコンテスト入賞 ハスカップでムース

 帯広農業高校の食品科学科地域資源活用班(大山明夏班長)の3年生8人が作成したレシピが、「ほっかいどう農業高校×どさんこワイド オリジナルスイーツレシピコンテスト」に入賞した。商品化され、31日...

宇部日報社

ユーモラスな顔でお出迎え 山口宇部空港にふくちょうちん300個【宇部】

 山口宇部空港で、下関ふくちょうちん飾りの展示が行われている。約300個が天井、テナント店のレジ前、チェックインカウンターなど各所につるされ、来場者を出迎えている。2月28日まで。    山口宇...

長野日報社

節分祭 多幸願い福升作り 長野県岡谷市の成田山蓮華不動院

長野県岡谷市成田町の成田山蓮華不動院(宮坂宥洪住職)で28日、30日に開く節分祭に向けた福升作りが行われた。事前に福豆まきを申し込んだ厄年の男女や年男年女らの多幸を願い、宮坂住職が一つ一つ丁寧...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク