全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豪雨災害5年 流された牛 今も現役 濁流から11頭救出 清水

 清水町御影の酪農家白木邦彦さん(67)は、2016年8月の台風10号豪雨災害で牧場が被災し、子牛16頭が濁流の芽室川に流されたが、11頭が救出された。10キロ下流の芽室橋の下で見つかった1頭など、生き延びた中には今も“現役”で搾乳する牛もいて、白木さんは「人間では考えられないこと。奇跡だった」と振り返る。

芽室橋の下から救出された牛と白木さん。今も現役の搾乳牛だ

「奇跡だった」 元気に成長
 白木さんは5年前の8月30日夜、牧場横を流れる芽室川が増水したため、近くの親戚の元へ避難した。翌朝、自宅に戻ると「家の周りが明るい」と感じた。川が敷地を削って、あるはずの車庫や倉庫がなくなっていた。

 子牛を飼っていた施設に行くと、流れが基礎部分を削っている最中だった。急いで牛を避難させたが、16頭が流された。「危なくて助けようにも助け切れなかった」といい、目の前で激流にのまれた牛もいた。

 川の水が引き始めると、白木さんの電話に次々と牛の目撃情報が入った。中州で動けなくなったり、畑を走り回っていたりで、親戚の力を借りながら連れ戻した。その中の1頭が、芽室橋の下で見つかった耳標「1030番」。9月5日、建設会社がブルドーザーで川の流れを一時的に変え、牛を捕まえてクレーンでつり上げた。流されてから6日たっていた。

増水した芽室川の河川敷で動けなくなり、救出された子牛。橋の上のトラックまでクレーンでつり上げられ、無事に牧場に戻った(2016年9月5日)

 行方不明と死んでいた5頭を除く11頭が戻った。被災したストレスを心配したが、その後は多くが元気に育って親牛になった。白木さんは「一緒に流されたトラクター4台が今も見つからないほどの濁流だった。11頭も生きていたのは本当に奇跡みたいなもの」と話し、その生命力の強さに感心する。

 白木さんは台風前から、酪農は自分の代限りと決めていて、当時200頭いた牛は現在は50頭ほどになった。あの豪雨は「思い出したくない」経験。救出された牛も特別扱いはしていない。橋の下から助け出された1030番も同じで、「6、7歳で年だから多く搾るつもりはないけど、出るうちは搾りたい」と話している。

関連記事

十勝200キロ走破に挑戦 トカプチ400の一部走行 「ブルベ」

 超長距離サイクリングイベント「ブルベ」を企画するオダックスジャパン北海道(札幌)は17日、十勝を舞台に「ブルベ十勝200」を開いた。帯広を発着点に広尾など9市町村、約200キロを走るイベント...

長野日報社

2年ぶりイルミ輝く 長野県南箕輪村の大芝高原で「フェス」開幕

 長野県南箕輪村の大芝高原で16日、秋空を彩る「第16回大芝高原イルミネーションフェスティバル」(同実行委員会主催)が始まった。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止したため、2年ぶりの開催。...

市立図書館 車両稼働を記念し 「こっかあら号」公開

 新移動図書館こっかあら号稼働記念として移動図書館展を開いている石垣市立図書館は16日、関連イベントとして同館前で「こっかあら号」を市民に特別公開した。  同企画は移動図書館の巡回コースに入って...

北羽新報社

天空の不夜城デザイン 能代駅で「駅カード」配布

 JR秋田支社は、16日から能代駅を含む3駅で「駅カード」の配布を開始した。駅情報や人気の列車の絵などを盛り込んだデザインで、今回が第5弾。改札口で受け取ることができる。配布期間は来年2月27日まで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク