全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豪雨災害5年 流された牛 今も現役 濁流から11頭救出 清水

 清水町御影の酪農家白木邦彦さん(67)は、2016年8月の台風10号豪雨災害で牧場が被災し、子牛16頭が濁流の芽室川に流されたが、11頭が救出された。10キロ下流の芽室橋の下で見つかった1頭など、生き延びた中には今も“現役”で搾乳する牛もいて、白木さんは「人間では考えられないこと。奇跡だった」と振り返る。

芽室橋の下から救出された牛と白木さん。今も現役の搾乳牛だ

「奇跡だった」 元気に成長
 白木さんは5年前の8月30日夜、牧場横を流れる芽室川が増水したため、近くの親戚の元へ避難した。翌朝、自宅に戻ると「家の周りが明るい」と感じた。川が敷地を削って、あるはずの車庫や倉庫がなくなっていた。

 子牛を飼っていた施設に行くと、流れが基礎部分を削っている最中だった。急いで牛を避難させたが、16頭が流された。「危なくて助けようにも助け切れなかった」といい、目の前で激流にのまれた牛もいた。

 川の水が引き始めると、白木さんの電話に次々と牛の目撃情報が入った。中州で動けなくなったり、畑を走り回っていたりで、親戚の力を借りながら連れ戻した。その中の1頭が、芽室橋の下で見つかった耳標「1030番」。9月5日、建設会社がブルドーザーで川の流れを一時的に変え、牛を捕まえてクレーンでつり上げた。流されてから6日たっていた。

増水した芽室川の河川敷で動けなくなり、救出された子牛。橋の上のトラックまでクレーンでつり上げられ、無事に牧場に戻った(2016年9月5日)

 行方不明と死んでいた5頭を除く11頭が戻った。被災したストレスを心配したが、その後は多くが元気に育って親牛になった。白木さんは「一緒に流されたトラクター4台が今も見つからないほどの濁流だった。11頭も生きていたのは本当に奇跡みたいなもの」と話し、その生命力の強さに感心する。

 白木さんは台風前から、酪農は自分の代限りと決めていて、当時200頭いた牛は現在は50頭ほどになった。あの豪雨は「思い出したくない」経験。救出された牛も特別扱いはしていない。橋の下から助け出された1030番も同じで、「6、7歳で年だから多く搾るつもりはないけど、出るうちは搾りたい」と話している。

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク