全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

特産カフェやまのわが障害者就労支援などで「冷凍ご当地コッペ」 山口

ご当地コッペで障害者を応援する山田代表(カフェやまのわで)

 県産食材にこだわったコッペパンの専門店「特産カフェやまのわ」(山田豊佳代表、山口市)が、障害者就労支援と地域活性化を目的とした「冷凍ご当地コッペ」事業を始める。10月から市内の支援施設に製造業務を委託し、利用者のスキルアップやコミュニケーション能力の向上、社会復帰につなげようというもの。自身も精神障害でブランクや再就職への苦労を経験した山田代表は「一つのきっかけになれば」と期待を寄せる。

 上関町生まれの山田代表(49)は、東京で医療系の商社に勤務していた。体調を崩しながら参加したプロジェクトを達成するとダウン。うつ病を発症し、気持ちの波が穏やかになるまでに数年を費やした。20年のキャリアがあっても復帰へのハードルは高く、思い悩む中で起業のアイデアをひねり出したという。

 2019年6月に開業した同店は、さまざまな食材を組み合わせたコッペパンを200種類開発し、販売している。中でも「岩国蓮根麺瓦そばコッペ」はご当地グルメを紹介するテレビ番組で紹介されるなど、広く知られるようになった。

 「就労に苦労がある人の力になり、山口県に貢献したい」という思いを果たすため、事業を社会貢献型に進化させる。連携先は就労継続支援B型事業所「みんなの森」(下小鯖)。コロナ禍で仕出し事業が行き詰まっていると聞き、話を持ち掛けた。製造過程を簡素化しており、冷凍することで賞味期限を延ばし、県内の主要駅や道の駅、スーパーマーケットなどでの販売を視野に入れる。

 急速冷凍機、保管用業務用冷凍庫の導入など準備費用が必要で、クラウドファンディングのサイトREADYFORに「冷凍ご当地コッペで、障がい者の就労応援と地方を盛り上げたい!!」(https://readyfor.jp/projects/yamanowa/)を公開している。目標金額は250万円で期限は9月30日まで

関連記事

十勝200キロ走破に挑戦 トカプチ400の一部走行 「ブルベ」

 超長距離サイクリングイベント「ブルベ」を企画するオダックスジャパン北海道(札幌)は17日、十勝を舞台に「ブルベ十勝200」を開いた。帯広を発着点に広尾など9市町村、約200キロを走るイベント...

長野日報社

2年ぶりイルミ輝く 長野県南箕輪村の大芝高原で「フェス」開幕

 長野県南箕輪村の大芝高原で16日、秋空を彩る「第16回大芝高原イルミネーションフェスティバル」(同実行委員会主催)が始まった。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止したため、2年ぶりの開催。...

市立図書館 車両稼働を記念し 「こっかあら号」公開

 新移動図書館こっかあら号稼働記念として移動図書館展を開いている石垣市立図書館は16日、関連イベントとして同館前で「こっかあら号」を市民に特別公開した。  同企画は移動図書館の巡回コースに入って...

北羽新報社

天空の不夜城デザイン 能代駅で「駅カード」配布

 JR秋田支社は、16日から能代駅を含む3駅で「駅カード」の配布を開始した。駅情報や人気の列車の絵などを盛り込んだデザインで、今回が第5弾。改札口で受け取ることができる。配布期間は来年2月27日まで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク