全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

五輪でスケボー人気急上昇 三種町の施設利用者も急増中

上達目指してスケボーに熱中(三種町鹿渡の琴丘スケートボードパークで)

 能代山本のスケートボード愛好者が三種町鹿渡のことおか中央公園内に開設している「琴丘スケートボードパーク」で、週末を中心に町内外の愛好者が滑りに熱中する姿が見られている。東京五輪で競技に採用され、日本勢のメダルラッシュの活躍もあって全国的にスケボー人気が急上昇。同パークでも五輪前後で利用登録者が20人ほど増えたといい、愛好者が上達を目指して心地よい汗を流している。
 同パークは、三種町や能代市の若者らで構成する「LINK SKATE BOARD」(リンクスケートボード)が管理・運営。町の協力を得て、ことおか中央公園内に滑走面を湾曲させた大小のコース(ランプ)などを手作りし、昨年4月から本格開放している。スケボーの専用施設は県内でも数少なく、町内外から幅広い年代の愛好者が訪れ、思い思いに滑りを楽しんでいる。
 リンクスケートボード代表の工藤要さん(43)=同町鹿渡=によると、利用登録者は五輪前後で約20人増えて167人に。「五輪開催中は毎日のように登録者がいて、利用者はかなり増えた印象。夏休みが重なったこともあって、町内の子どもたちの利用も増えた」と言う。
 好天に恵まれた日曜の29日も、のどかな公園内にスケボーの滑走音が響いた。家族で訪れた能代市の男性(39)は、テレビで見た五輪選手の滑りに「すご過ぎて、次元が違った」と感想。自身は「子どもと一緒に滑ることができたらと、スケボーを始めた。大人になってからだと覚えるのに時間がかかるが、いい運動になります」と話し、のみ込みの早い小学生の娘の上達ぶりに目を細めていた。
 秋田市の会社員、畠山紘大さん(27)は「スケボーは1人でも滑ることができるが、集まった人同士で技を教え合ったりして、つながりが持てるのもいいところ。今の目標は、スケボーのうまい格好いいパパになることです」と笑顔で汗を拭った。
 工藤さんは「このパークから大会に出るような選手を出すのは難しいかもしれないが、裾野を広げることにつながるのでは」と話す。同パークには利用規則があり、初回利用時のメッセージ送信、利用時の名簿記入、10歳以下は保護者同伴などに協力を求めている。

関連記事

帯広農業高スイーツ 全道セコマに レシピコンテスト入賞 ハスカップでムース

 帯広農業高校の食品科学科地域資源活用班(大山明夏班長)の3年生8人が作成したレシピが、「ほっかいどう農業高校×どさんこワイド オリジナルスイーツレシピコンテスト」に入賞した。商品化され、31日...

宇部日報社

ユーモラスな顔でお出迎え 山口宇部空港にふくちょうちん300個【宇部】

 山口宇部空港で、下関ふくちょうちん飾りの展示が行われている。約300個が天井、テナント店のレジ前、チェックインカウンターなど各所につるされ、来場者を出迎えている。2月28日まで。    山口宇...

長野日報社

節分祭 多幸願い福升作り 長野県岡谷市の成田山蓮華不動院

長野県岡谷市成田町の成田山蓮華不動院(宮坂宥洪住職)で28日、30日に開く節分祭に向けた福升作りが行われた。事前に福豆まきを申し込んだ厄年の男女や年男年女らの多幸を願い、宮坂住職が一つ一つ丁寧...

2年ぶり産業まつり 地区商工会協 来月5・6日、22店舗出店

 2021年度八重山の産業まつり(主催・八重山地区商工会広域連携協議会)が2月5、6日、マックスバリュやいま店駐車場で開催される。3市町などから22店舗が出店予定。昨年度は新型コロナウイルス禍で中止とな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク