全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

五輪でスケボー人気急上昇 三種町の施設利用者も急増中

上達目指してスケボーに熱中(三種町鹿渡の琴丘スケートボードパークで)

 能代山本のスケートボード愛好者が三種町鹿渡のことおか中央公園内に開設している「琴丘スケートボードパーク」で、週末を中心に町内外の愛好者が滑りに熱中する姿が見られている。東京五輪で競技に採用され、日本勢のメダルラッシュの活躍もあって全国的にスケボー人気が急上昇。同パークでも五輪前後で利用登録者が20人ほど増えたといい、愛好者が上達を目指して心地よい汗を流している。
 同パークは、三種町や能代市の若者らで構成する「LINK SKATE BOARD」(リンクスケートボード)が管理・運営。町の協力を得て、ことおか中央公園内に滑走面を湾曲させた大小のコース(ランプ)などを手作りし、昨年4月から本格開放している。スケボーの専用施設は県内でも数少なく、町内外から幅広い年代の愛好者が訪れ、思い思いに滑りを楽しんでいる。
 リンクスケートボード代表の工藤要さん(43)=同町鹿渡=によると、利用登録者は五輪前後で約20人増えて167人に。「五輪開催中は毎日のように登録者がいて、利用者はかなり増えた印象。夏休みが重なったこともあって、町内の子どもたちの利用も増えた」と言う。
 好天に恵まれた日曜の29日も、のどかな公園内にスケボーの滑走音が響いた。家族で訪れた能代市の男性(39)は、テレビで見た五輪選手の滑りに「すご過ぎて、次元が違った」と感想。自身は「子どもと一緒に滑ることができたらと、スケボーを始めた。大人になってからだと覚えるのに時間がかかるが、いい運動になります」と話し、のみ込みの早い小学生の娘の上達ぶりに目を細めていた。
 秋田市の会社員、畠山紘大さん(27)は「スケボーは1人でも滑ることができるが、集まった人同士で技を教え合ったりして、つながりが持てるのもいいところ。今の目標は、スケボーのうまい格好いいパパになることです」と笑顔で汗を拭った。
 工藤さんは「このパークから大会に出るような選手を出すのは難しいかもしれないが、裾野を広げることにつながるのでは」と話す。同パークには利用規則があり、初回利用時のメッセージ送信、利用時の名簿記入、10歳以下は保護者同伴などに協力を求めている。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク