全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

「子ども第三の居場所」山口宇部拠点がオープン

くす玉を割り開設を祝う関係者(新天町2丁目で)

 一般社団法人キッズラップ(金子淳子理事長)は、県内で初めて日本財団の「子ども第三の居場所」事業を受託し、キッズラップ「子ども第三の居場所」山口宇部拠点を新天町2丁目に開設した。開所式は29日に同所であり、関係者50人が出席して、施設の完成と事業開始を祝った。     施設は木造2階建てで延べ床面積は約300平方メートル。2階が子どもたちのプライベートスペースで、1階は多世代がつながるパブリックスペースとして開放する。大型カウンターを備えたカフェ、すべり台のある秘密基地風の遊び場、本でつながる「まちライブラリー」、情報発信できるスタジオがある。カフェの営業は当面、土日の午前11時から午後7時までを予定している。     この事業は、地域のつながりが希薄になる中で、家庭の抱える困難が複雑かつ深刻化し、安心して過ごせる場所が無くなって孤立する子どもたちが増えたことを受け、2016年から始まった。行政、地域住民などと協力しながら、誰一人取り残されない子育てコミュニティーをつくり、地域で子どもを育てる社会を目指しており、今年度中には全国に98拠点が開設される予定。2025年までに500拠点の開設を目標としている。     開所式では、日本財団子どもサポートチームの本山勝寛チームリーダーが「これまでの事業でスタッフの愛情を受けた子どもたちの変化、成長を実感しており、この山口宇部拠点が山口のモデルになると確信している」とあいさつ。来賓の河村建夫衆院議員、篠崎圭二市長が祝辞を述べ、関係者でくす玉を割って開所を祝った。     3年間は日本財団から運営費の支援があり、それ以後は自立して運営。同財団と市もこのたび協定を締結し、行政として拠点の支援を行っていく。     金子理事長は「子どもたちには、たくさんの経験を積んで、あすを生き抜く力を培ってほしい。拠点としては、子育てに関わる人が集い、つながることで、子育てを地域全体で支援していく機運を高めていきたい」と語った。

関連記事

十勝200キロ走破に挑戦 トカプチ400の一部走行 「ブルベ」

 超長距離サイクリングイベント「ブルベ」を企画するオダックスジャパン北海道(札幌)は17日、十勝を舞台に「ブルベ十勝200」を開いた。帯広を発着点に広尾など9市町村、約200キロを走るイベント...

長野日報社

2年ぶりイルミ輝く 長野県南箕輪村の大芝高原で「フェス」開幕

 長野県南箕輪村の大芝高原で16日、秋空を彩る「第16回大芝高原イルミネーションフェスティバル」(同実行委員会主催)が始まった。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止したため、2年ぶりの開催。...

市立図書館 車両稼働を記念し 「こっかあら号」公開

 新移動図書館こっかあら号稼働記念として移動図書館展を開いている石垣市立図書館は16日、関連イベントとして同館前で「こっかあら号」を市民に特別公開した。  同企画は移動図書館の巡回コースに入って...

北羽新報社

天空の不夜城デザイン 能代駅で「駅カード」配布

 JR秋田支社は、16日から能代駅を含む3駅で「駅カード」の配布を開始した。駅情報や人気の列車の絵などを盛り込んだデザインで、今回が第5弾。改札口で受け取ることができる。配布期間は来年2月27日まで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク