全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

収穫喜び、脱穀作業  地域住民がアドバイス  瀬戸内町・油井小中学校

真剣な表情で脱穀作業に取り組む生徒ら=29日、鹿児島県瀬戸内町の油井小中学校

 鹿児島県瀬戸内町(大島郡)の油井小中学校(迫田智志校長、児童2人、生徒5人)で29日、児童生徒が育てたもち米の脱穀作業があった。地域住民の指導の下、昔ながらの足踏み脱穀機で稲を「もみ」と「わら」に分けた。わらは例年、県の無形文化財「油井の豊年踊り」で使用している。新型コロナウイルスの影響で2年連続の中止となったが、参加者は収穫の喜びと感染症収束への願いを胸に作業に取り組んだ。

 油井の豊年踊りは、旧暦8月15日に地元の油井集落で披露される。同校の稲作活動もこの伝統芸能に合わせて毎年実施。学校近くの須佐礼集落にある水田で地域住民と共に米作りを行っている。

 稲は今年1月にもみまき、4月に田植えをし、8月中旬に稲刈りを行って学校の体育館に稲架掛けしていた。脱穀作業には児童生徒と教諭、保護者、地域住民ら約40人が参加した。

 足踏み脱穀機は、ペダルを踏むと突起のついた円筒形の胴部分が回転し、突起に穂先を当てることで稲の「もみ」を落とす仕組み。生徒らは米作りの先輩である地域住民から「しっかり稲束をつかめ」「穂先から順に当てて」などとアドバイスを受けながら、真剣な表情で脱穀作業に取り組んでいた。

 脱穀の後は、木製の唐箕と呼ばれる機械や竹製の平籠「サンバラ」でごみなどを取り除いた。今年は例年より少し少なく、50キロほどの収穫。今後精米して学校と地域住民で分け、学校の分は12月の餅つきで使用する予定。

 米作りは8回目という中学3年生は「足踏み脱穀機は手と足を別々に動かすので難しいが、地域の人がこつを教えてくれる。餅は大好きなので楽しみ」と笑顔で話した。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク