全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

世界遺産の拠点、着工 住用町に来夏オープン 奄美大島

本体工事が始まった建設現場=24日、鹿児島県奄美市住用町

 環境省が鹿児島県奄美大島で整備を進める「世界遺産管理拠点施設」(仮称)は8月、奄美市住用町の現地で本体工事が始まった。7月26日に世界自然遺産に登録された「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」について、貴重な自然環境と多様な動植物の価値や魅力を紹介する総合拠点。環境保全を啓発しながら適正な観光利用の推進を図る。建物は2022年3月末の完成を予定し、8月ごろのオープンを目指す。

 拠点施設は奄美市住用町の「黒潮の森マングローブパーク」に併設。パーク北側に隣接する市有地の広場に、木造平屋建ての本館(約582平方メートル)、倉庫(約28平方メートル)を整備する。本館には展示室(約318平方メートル)、エントランスホール、物販店舗などを配置。総事業費は約7億5000万円。8月23日に基礎工事に着手した。

 コンセプトは「『生命のにぎわい』に包まれる―奄美大島フィールド探索型ミュージアム」。展示室には照葉樹の森のジオラマに、アマミノクロウサギをはじめ希少な動植物の模型や剥製を設置。壁面の大画面に四季や日夜で移り変わる自然の映像を流し、豊かな自然を疑似体験できるように工夫を凝らす。

世界遺産管理拠点施設の外観イメージ

 運営は環境省と地元自治体を中心に設立する協議会が担う。団体ツアーなどの観光客を受け入れ、自然体験ができるフィールドの紹介や、生き物を観察するためのルールの周知などを行う。

 環境省奄美群島国立公園管理事務所の山根篤大国立公園保護管理企画官は「貴重な生きものたちが島の身近な森にいるすごさを、展示や解説を通じて島内外の方々に感じてもらい、守っていこうという気持ちを持ち帰ってもらえるような施設を目指したい」と述べた。

関連記事

紀伊民報社

大雨で民家や道路に被害 田辺市本宮町

 和歌山県田辺市本宮町で13~14日に降った大雨は、民家や道路に被害をもたらした。大雨の爪痕が残る現場を17日に訪ねた。  「本当にすごい雨だった」。本宮町本宮の男性(80)は振り返る。14日...

荘内日報社

全中サッカー開幕 庄内8会場で32チーム熱戦

 「第53回全国中学校サッカー大会」が18日、庄内8会場で始まった。全中サッカーが庄内で開催されるのは1988年以来、34年ぶり。鶴岡市の小真木原陸上競技場では1回戦で前年度優勝の神村学園中等部(鹿児島)が登...

海産物ロードをパレード 白老町虎杖浜越後踊り保存会  白老

白老町虎杖浜で17日、送り盆の伝統行事「虎杖浜越後盆踊り」が行われ、白老町虎杖浜越後踊り保存会(南昌宏会長)による踊りのパレードや灯籠流し、打ち上げ花火で先祖の霊を送った。パレードでは保存会の会員...

バイオガスからLPガス 鹿追町と古河電工 製造試験

 鹿追町と古河電工(東京、小林敬一社長)は18日、地域資源を最大限利活用した脱炭素・循環型社会の実現に向けた包括連携協定を締結した。同町中鹿追で家畜ふん尿由来のバイオガスからLPガスを合成し、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク