全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

世界遺産の拠点、着工 住用町に来夏オープン 奄美大島

本体工事が始まった建設現場=24日、鹿児島県奄美市住用町

 環境省が鹿児島県奄美大島で整備を進める「世界遺産管理拠点施設」(仮称)は8月、奄美市住用町の現地で本体工事が始まった。7月26日に世界自然遺産に登録された「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」について、貴重な自然環境と多様な動植物の価値や魅力を紹介する総合拠点。環境保全を啓発しながら適正な観光利用の推進を図る。建物は2022年3月末の完成を予定し、8月ごろのオープンを目指す。

 拠点施設は奄美市住用町の「黒潮の森マングローブパーク」に併設。パーク北側に隣接する市有地の広場に、木造平屋建ての本館(約582平方メートル)、倉庫(約28平方メートル)を整備する。本館には展示室(約318平方メートル)、エントランスホール、物販店舗などを配置。総事業費は約7億5000万円。8月23日に基礎工事に着手した。

 コンセプトは「『生命のにぎわい』に包まれる―奄美大島フィールド探索型ミュージアム」。展示室には照葉樹の森のジオラマに、アマミノクロウサギをはじめ希少な動植物の模型や剥製を設置。壁面の大画面に四季や日夜で移り変わる自然の映像を流し、豊かな自然を疑似体験できるように工夫を凝らす。

世界遺産管理拠点施設の外観イメージ

 運営は環境省と地元自治体を中心に設立する協議会が担う。団体ツアーなどの観光客を受け入れ、自然体験ができるフィールドの紹介や、生き物を観察するためのルールの周知などを行う。

 環境省奄美群島国立公園管理事務所の山根篤大国立公園保護管理企画官は「貴重な生きものたちが島の身近な森にいるすごさを、展示や解説を通じて島内外の方々に感じてもらい、守っていこうという気持ちを持ち帰ってもらえるような施設を目指したい」と述べた。

関連記事

十勝200キロ走破に挑戦 トカプチ400の一部走行 「ブルベ」

 超長距離サイクリングイベント「ブルベ」を企画するオダックスジャパン北海道(札幌)は17日、十勝を舞台に「ブルベ十勝200」を開いた。帯広を発着点に広尾など9市町村、約200キロを走るイベント...

長野日報社

2年ぶりイルミ輝く 長野県南箕輪村の大芝高原で「フェス」開幕

 長野県南箕輪村の大芝高原で16日、秋空を彩る「第16回大芝高原イルミネーションフェスティバル」(同実行委員会主催)が始まった。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止したため、2年ぶりの開催。...

市立図書館 車両稼働を記念し 「こっかあら号」公開

 新移動図書館こっかあら号稼働記念として移動図書館展を開いている石垣市立図書館は16日、関連イベントとして同館前で「こっかあら号」を市民に特別公開した。  同企画は移動図書館の巡回コースに入って...

北羽新報社

天空の不夜城デザイン 能代駅で「駅カード」配布

 JR秋田支社は、16日から能代駅を含む3駅で「駅カード」の配布を開始した。駅情報や人気の列車の絵などを盛り込んだデザインで、今回が第5弾。改札口で受け取ることができる。配布期間は来年2月27日まで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク