全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

恒久平和へ誓い新た 奄美大島宇検村で対馬丸慰霊祭

対馬丸慰霊碑に花を手向け犠牲者を追悼する参列者=28日、宇検村

 太平洋戦争終結1年前の1944年8月、米軍の魚雷で子どもを含む1400人以上が犠牲となった「対馬丸」の沈没から今年で77年が経過した。慰霊碑が立つ鹿児島県宇検村の船越海岸で28日、地域住民らが鎮魂の思いを胸に慰霊祭を開き、恒久平和への誓いを新たにした。

 対馬丸は44年8月21日、学童や一般疎開者ら約1700人を乗せて沖縄県那覇港を出港。翌22日、鹿児島県悪石島沖で米潜水艦の魚雷を受けて沈んだ。宇検村や大和村、瀬戸内町にわずかな生存者と多くの遺体が流れ着き、住民が救護や埋葬に当たった。

 宇検集落では犠牲者を悼み、史実を後世へ伝えようと、村の協力も得て2017年3月に慰霊碑を建立し、毎年慰霊祭を行っている。5回目の今年は新型コロナウイルス感染防止のため、昨年に続いて少人数の参加とし、植田英吉区長(66)ら集落役員と村職員ら計15人が参列。同集落では午前10時に集落放送を流して、住民が黙とうをささげた。

 慰霊祭には当時を知る大島安徳さん(94)=同村宇検=も出席した。大島さんは犠牲者の遺体収容に当たった記憶を振り返り、「痛ましい事件だった。ここへ来ると戦争のおぞましさ、平和の尊さを実感する。生きている限りは慰霊祭に参加しないといけないと思っている」と力を込めた。

関連記事

荘内日報社

日本酒「寒造り」最盛期に入る 庄内の各酒蔵

 庄内の各酒蔵で、日本酒の「寒造り」が最盛期に入った。  寒造り(寒仕込み)は、余計な雑菌の繁殖が抑えられる冬場に行われる。もろみをゆっくり発酵させることで良質な酒に仕上がる。かつて酒は「...

紀伊民報社

イチゴ狩りキャンセル相次ぐ コロナ拡大、体験観光に影響

 新型コロナウイルスの感染拡大が、南部梅林(和歌山県みなべ町)の開園中止など御坊・日高の観光に影響を及ぼしている。観光農園などの体験型観光でもキャンセルが相次ぎ、関係者は落胆の表情を浮かべている...

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク