全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

雌雄型の国蝶オオムラサキ 長野県富士見町の前嶋さん発見

富士見町の高校1年生前嶋野位さんが発見、撮影した雌雄型のオオムラサキ。左の羽が鮮やかな紫色、右の羽が茶褐色になっている

 左は雄で、右は雌--。長野県諏訪市の諏訪清陵高校1年の前嶋野位さん(15)=富士見町若宮=が先月、山梨県北杜市長坂町の同市オオムラサキセンターで雌雄型の国蝶オオムラサキを発見した。左の羽は雄特有の鮮やかな紫色をし、右の羽は茶褐色でやや大きい。同センターによると、雌雄型のオオムラサキは極めて珍しく、報告例はほとんどない。前嶋さんからの一報を受けて職員が捕獲。現在標本を作製しており、9月中には展示を始める予定だ。

 羽化の時期に合わせて7月18日、父親、弟と同センターを訪れた前嶋さん。鉄骨ネット張りの生態観察施設(広さ1400平方メートル)で、餌場に集まっていた十数匹の中に雌雄型の1匹が混じっているのを発見。小一時間、スマートフォンでの撮影と観察を続けたという。

 「雄雌型は昆虫の本で知っていた。発見した瞬間は、うれしいという感情より、驚きの方が大きかった」。帰宅後に同センターへ報告した方がいいと思うようになり、翌19日に電話連絡して複数枚の写真をメールで送った。

 同センターの跡部治賢館長によると、受精卵が細胞分裂を始めた初期の段階で何らかの異常が起きたとみられる。カブトムシ やクワガタなど甲虫類ではまれに雌雄型の報告例があるが、オオムラサキは「1例しか把握していない」という。「私自身、生きた雌雄型を初めて見て感激した。チョウに関する知識を持つ高校生が発見してくれたこともうれしいこと」と感謝する。

 前嶋さんは幼少期から昆虫採集に親しみ、チョウの標本を作ったり、自宅庭に食草を植えたりもしてきた。同センターにも保育園の頃から通っている。「左右ではっきり分かれ、異様な容姿に美しさを感じる。雌雄型という希少な個体の存在を多くの人に知ってもらう機会になればうれしい」と語り、「次は新種のチョウを発見したい」と意欲を新たにしている。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク