全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

幸運呼ぶハートの鉄平石 通る人に無病息災を 長野県諏訪市

アーク諏訪屋外エレベーター前にあるハート型の鉄平石と鮎澤史朗さん。写真奥がJR上諏訪駅

幸運を呼ぶハート型の鉄平石を知っていますか―。諏訪市の特産品「鉄平石」を敷き詰めたJR上諏訪駅東口の複合商業施設「アーク諏訪」前の歩道に、赤みを帯びたハート型の小さな鉄平石がある。2019年5月の開所当時、ほとんど気付く人はいなかったが、高校生や地域住民の間で「幸運を呼びそう」と静かな話題に。調べてみると、諏訪の鉄平石を60年余り扱ってきた石工職人の技術と無病息災を願う優しい心があった。

■幸運呼びそう 静かな話題に

鉄平石の歩道はアーク諏訪屋外エレベーター前にあり、不整形な大小の鉄平石を敷き詰める「乱形張り」が施されている。ハート型は縦、横12センチほどで、長さ約40メートルの歩道に10個が等間隔に配置され、中央には4個を組み合わせた四つ葉のクローバーもある。

諏訪清陵高校2年の男子生徒(17)=岡谷市=は「去年の冬に友だちと見つけてうれしくなった。とてもいいアイデアだと思います」と語る。

アーク諏訪は鉄骨造り3階建て。スーパー「ツルヤ上諏訪店」や市が設置した公共スペース「駅前交流テラスすわっチャオ」、放送大学長野学習センター、ドラッグストアや100円ショップ、整形外科や小児科の診療所、エルシーブイなどが入居している。

建物は民間会社「諏訪駅前開発」が発注し、スワテック建設(諏訪市)など3社の共同企業体が施工。歩道の鉄平石は藤森鉄平石(同)が担当した。同社営業部長の細田正彦さんに聞くと、ハート型の鉄平石は1人の石工職人の提案から生まれたという。

職人の名前は鮎澤史朗さん(77)。岡谷市川岸出身で14歳で藤森鉄平石に入社。諏訪市郊外の福沢山採石場で鉄平石を薄く剥がしたり、切り分けたりする技術を学び、25歳の時に独立する。「諏訪銘石技術工業」の看板を掲げ、藤森鉄平石の仕事を優先的に請け負い、全国各地で公園の遊歩道や住宅の玄関などに鉄平石を張る仕事を続けてきた。

ハート型の鉄平石は約20年前、三重県伊勢市の伊勢神宮近くにある地下道の壁に「おまじない」のつもりで1個入れた。ハート型の「猪目」に魔よけや火伏の言い伝えがあると知り、施主が希望する現場に入れるように。これまで40~50カ所に施工し、県内の公共施設だとやまびこ公園(岡谷市)にもあるという。

■自在に操る 数少ない職人

鮎澤さんは鉄平石を自在に操る数少ない職人だ。厚さ3センチの鉄平石を手でしっかり固定しながら、タガネでハート型に細かく整え、30分ほどで1個を仕上げる。ハート型が「嫌み」にならないよう試行錯誤を重ね、今の大きさと形にたどり着いた。

鮎澤さんは「ハートが話題にならないのが『面白い』と思っていた。みんなが気付くようだとつまらないし、嫌みになる。ここを通る人の無病息災のつもりだが、見た人がいいように感じてほしい。似た石は出るが、平らで品質が高いのが諏訪の鉄平石。全国に知られた諏訪のシンボル、長野県の特産品を感じてもらえたら」と願っている。

関連記事

長野日報社

幻想的ほおずき提灯 伊那市高遠町ご城下通り

長野県伊那市高遠町の「ご城下通り」沿いに21日、ほおずき提灯が飾り出された。辺りが暗くなると明かりが入り、稲穂を模して笹竹につるした赤い提灯が通りを幻想的に照らした。 22日に宵祭り、23日に本祭...

長野日報社

チョウザメ仲間入り 南箕輪の大芝湖に放流

南箕輪村大芝高原の各施設を運営する村開発公社は14日、大芝湖にチョウザメ2匹を放流した。下伊那郡豊丘村を拠点に養殖に取り組む住民から譲り受けた個体。観賞用として飼育し、村民ら多くの人に親しんでもらい...

長野日報社

「諏訪湖の花火」開幕 来月29日まで連夜彩る

 諏訪市の諏訪湖畔で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」が25日夜、開幕した。8月1~15日に行う諏訪市制施行80周年記念「第73回諏訪湖祭湖上花火Two Weeks」と合わせて8月29日まで...

荘内日報社

地域に笑顔と元気を 赤川花火プレゼンツ2021 8月21日まで連続打ち上げ

 「赤川花火プレゼンツ2021」が23日夜、鶴岡市の赤川河川敷で始まった。今年は8月21日まで30日間連続して花火を打ち上げる。  打ち上げ場所は赤川河川敷(23日~7月31日、8月13日~21日)と開墾150年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク