全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

3代目アイドルはコブダイ 高級活魚・繁光 宇部

水槽の中をゆっくりと旋回するサザエちゃん(高級活魚・繁光で)

 宇部市新天町2丁目の高級活魚・繁光(繁光裕二代表)にある水槽で、コブダイ(雄)の「サザエちゃん」が悠々と泳いでいる。来店客らが顔を近づけると、口をぱくぱくさせて人懐っこいしぐさを見せ、「看板魚」の務めを立派に果たしている。     8年飼育していたドチザメの「ジョニー」が昨夏に死んでしまい、繁光代表が新たなペットを探していたところ、6月に魚市場でコブダイを発見。宇部沖で水揚げされるのは極めて珍しく、愛らしい表情にも心引かれ、スッポンのキャサリン、ジョニーに続く3代目のペットとなった。      水槽(縦・横2メートル)にはメジナやヒラメ、イシダイが同居。最初は餌に見向きもせず体調が心配されたが、1カ月ほどで環境になじみ、アサリのむき身などを食べるようになった。特に好物なのがサザエで「覚えてもらいやすいかも」と命名した。     サザエちゃんは推定5歳で体長は80センチ、体重5キロ。水槽の前で手を振るとのっそり近づき、つぶらな瞳で見詰めてひれを振るように見えるしぐさが「癒やされる」と近隣住民の評判を呼んでいる。

 繁光代表は「コロナ禍の中、子どもたちに喜んでほしいとの思いから飼育を始めた。さらになれてきたらコブを触ったり、直接手から餌をやったりできれば」と話した。

 コブダイは性別が雌から雄へと変わる雌性先熟(しせいせんじゅく)。大きく張り出した頭のコブと鋭い歯が並ぶ強力な顎が特徴的で、寿命は20年前後といわれている。

関連記事

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集め...

スズメバチの巣、節足動物が越冬に利用 古澤さんと岡宮さん論文が海外学術誌に..

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林内で冬季、スズメバチの巣が、クモなど他の生物の越冬に利用されている可能性が高いことが分かった。北大大学院博士後期課程2年の古澤千春さん(26)と同研究林学術研究員の岡...

足湯付きドッグラン28日登場 道の駅十勝川温泉 全国初

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンする。  ドッグランは、広さ約490平方...

徳之島の宝守ろう 希少動植物紹介する下敷き 保護協議会が島内の学校に贈呈

 徳之島地区自然保護協議会(事務局・鹿児島県伊仙町役場きゅらまち観光課)は24日までに、島内の小中学生、高校生に自然環境保全の啓発を目的に製作した下敷き2660枚を贈呈した。同協議会は「環境保...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク