全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

3代目アイドルはコブダイ 高級活魚・繁光 宇部

水槽の中をゆっくりと旋回するサザエちゃん(高級活魚・繁光で)

 宇部市新天町2丁目の高級活魚・繁光(繁光裕二代表)にある水槽で、コブダイ(雄)の「サザエちゃん」が悠々と泳いでいる。来店客らが顔を近づけると、口をぱくぱくさせて人懐っこいしぐさを見せ、「看板魚」の務めを立派に果たしている。     8年飼育していたドチザメの「ジョニー」が昨夏に死んでしまい、繁光代表が新たなペットを探していたところ、6月に魚市場でコブダイを発見。宇部沖で水揚げされるのは極めて珍しく、愛らしい表情にも心引かれ、スッポンのキャサリン、ジョニーに続く3代目のペットとなった。      水槽(縦・横2メートル)にはメジナやヒラメ、イシダイが同居。最初は餌に見向きもせず体調が心配されたが、1カ月ほどで環境になじみ、アサリのむき身などを食べるようになった。特に好物なのがサザエで「覚えてもらいやすいかも」と命名した。     サザエちゃんは推定5歳で体長は80センチ、体重5キロ。水槽の前で手を振るとのっそり近づき、つぶらな瞳で見詰めてひれを振るように見えるしぐさが「癒やされる」と近隣住民の評判を呼んでいる。

 繁光代表は「コロナ禍の中、子どもたちに喜んでほしいとの思いから飼育を始めた。さらになれてきたらコブを触ったり、直接手から餌をやったりできれば」と話した。

 コブダイは性別が雌から雄へと変わる雌性先熟(しせいせんじゅく)。大きく張り出した頭のコブと鋭い歯が並ぶ強力な顎が特徴的で、寿命は20年前後といわれている。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク