全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

しめ縄巻きつけ新デザイン わら細工と阿島傘コラボで地域と結ぶ

わら細工が施された阿島傘を披露する渡部唯子さん(右)と水谷槙さん=26日午前、飯島町飯島陣屋

長野県飯島町の地域おこし協力隊員でわら細工の普及伝承に携わる渡部唯子さん(30)が、同じく下伊那郡喬木村で協力隊員として江戸時代から伝わる和傘「阿島傘」の技術継承に取り組む水谷槙さん(38)と組んで、しめ縄を骨組みに巻き付けたデザインの阿島傘を完成させた。県内各地でのものづくりに励む協力隊員がつながり、新たな価値観や在籍する自治体のPRなどにつなげようとコラボレーションしたもので、「この輪を広げていきたい」と意気込んでいる。

水谷さんの存在を知った渡部さんは3月末に喬木村に足を運び、早速共同制作しようと意気投合。4月から作業を開始し、交互に工程を重ねながら今月13日に完成させた。

傘に貼った和紙の縁にすき間を作り、わらをなって25メートルの長さにした縄を竹の骨組みに巻き付けたオリジナルのデザイン。縄作りだけでも40時間ほど要し、和傘作りも普段の数倍の労力を要した。

わらが水に弱いことから、当初は傘のどの部分にわらを使うか迷いもあったという渡部さん。しかし、水谷さんに出会った直後に町内本郷神社のしめ縄作りに招かれた際、「みご」と呼ばれる穂先に近い部分は漁業などにも使われて防水性が高いことを教えてもらい、解決した。

「実際にみごで縄をなうと強度もある。地元の人から偶然教えてもらったことで、その後の制作が進んだ」と渡部さん。水谷さんは2人で完成させた傘の出来栄えに「こんなにすてきになるとは思わなかった。二つの伝統工芸が持つ素朴で身近な温かさが、うまくかみ合った」と喜ぶ。

「これが町おこしの一つになり、さらに多くの協力隊員ともつながって新たな取り組みとして発展していけば」と2人。来月14日にはオンラインで県内隊員同士の交流会も企画して、参加を呼び掛けるなど準備を進めている。

完成した傘は、今春から渡部さんが制作拠点にする町歴史民俗資料館「飯島陣屋」に展示。現在コロナ対策のために陣屋は休館となっているが、再開後に多くの人に見てもらう考えだ。10月には喬木村での公開も計画している。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク