全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

しめ縄巻きつけ新デザイン わら細工と阿島傘コラボで地域と結ぶ

わら細工が施された阿島傘を披露する渡部唯子さん(右)と水谷槙さん=26日午前、飯島町飯島陣屋

長野県飯島町の地域おこし協力隊員でわら細工の普及伝承に携わる渡部唯子さん(30)が、同じく下伊那郡喬木村で協力隊員として江戸時代から伝わる和傘「阿島傘」の技術継承に取り組む水谷槙さん(38)と組んで、しめ縄を骨組みに巻き付けたデザインの阿島傘を完成させた。県内各地でのものづくりに励む協力隊員がつながり、新たな価値観や在籍する自治体のPRなどにつなげようとコラボレーションしたもので、「この輪を広げていきたい」と意気込んでいる。

水谷さんの存在を知った渡部さんは3月末に喬木村に足を運び、早速共同制作しようと意気投合。4月から作業を開始し、交互に工程を重ねながら今月13日に完成させた。

傘に貼った和紙の縁にすき間を作り、わらをなって25メートルの長さにした縄を竹の骨組みに巻き付けたオリジナルのデザイン。縄作りだけでも40時間ほど要し、和傘作りも普段の数倍の労力を要した。

わらが水に弱いことから、当初は傘のどの部分にわらを使うか迷いもあったという渡部さん。しかし、水谷さんに出会った直後に町内本郷神社のしめ縄作りに招かれた際、「みご」と呼ばれる穂先に近い部分は漁業などにも使われて防水性が高いことを教えてもらい、解決した。

「実際にみごで縄をなうと強度もある。地元の人から偶然教えてもらったことで、その後の制作が進んだ」と渡部さん。水谷さんは2人で完成させた傘の出来栄えに「こんなにすてきになるとは思わなかった。二つの伝統工芸が持つ素朴で身近な温かさが、うまくかみ合った」と喜ぶ。

「これが町おこしの一つになり、さらに多くの協力隊員ともつながって新たな取り組みとして発展していけば」と2人。来月14日にはオンラインで県内隊員同士の交流会も企画して、参加を呼び掛けるなど準備を進めている。

完成した傘は、今春から渡部さんが制作拠点にする町歴史民俗資料館「飯島陣屋」に展示。現在コロナ対策のために陣屋は休館となっているが、再開後に多くの人に見てもらう考えだ。10月には喬木村での公開も計画している。

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク